上田・前埼玉県知事、10月の参院補選に出馬表明

上田・前埼玉県知事、10月の参院補選に出馬表明

上田清司知事=県庁(竹之内秀介撮影)

 8月に任期満了で退任した上田清司・前埼玉県知事(71)が20日、埼玉県庁で記者会見し、参院埼玉選挙区補欠選挙(10月10日告示、同27日投開票)に無所属で出馬すると正式表明した。

 出馬理由について、上田氏は「国会時代の仲間や市町村長、県議、経済界の方から『県政をバックアップしながら、国政の課題にしっかり取り組め』との声をいただき、決めた」と説明した。政党の推薦は受けない方針だ。

 上田氏は衆院3期途中の平成15年に知事選に出馬して初当選。4期16年務め、30年に全国知事会長に就任し、8月30日に退任した。 7月の参院選後に行われた8月の埼玉県知事選、9月の岩手県知事選は野党が支援した候補が勝利している。参院埼玉補選は10月の消費税引き上げ後、初となる国政選挙となる。与党としては連敗を避けたいところで、自民が対立候補を擁立するのか注目される。

関連記事(外部サイト)