国民投票での外国人献金、首相「国会で議論を」 衆院予算委

国民投票での外国人献金、首相「国会で議論を」 衆院予算委

衆院予算委員会で答弁する安倍晋三首相=10日午前、衆院第1委員室(春名中撮影)

 安倍晋三首相(自民党総裁)は10日の衆院予算委員会で、憲法改正手続きを定めた国民投票法改正案に外国人の献金規制を盛り込むべきかどうかについて「寄付に関する規制を含めて投票運動のあり方は制度の根幹に関わる。(国会の)憲法審査会で議論してもらいたい」と述べるにとどめた。

 首相は「自民党総裁として憲法論議を引っ張っていきたい立場と、首相の立場がある。自民党から『首相は中身に入るな』といわれている。(国会で)議論を展開してもらいたい」とも語った。

 国民民主党の玉木雄一郎代表に対する答弁。

関連記事(外部サイト)