茂木氏、露外相と会談 12月中旬の訪露調整を確認

 茂木敏充外相は22日、20カ国・地域(G20)外相会議出席のため来日したロシアのラブロフ外相と名古屋市内で会談した。北方四島での共同経済活動のパイロット(試行)事業として初めて実施した観光ツアーの成果を踏まえ、来年からの本格事業化に向けた議論を進めることで一致した。茂木氏の12月中旬の訪露を調整することも確認した。

 茂木氏は会談で「観光ツアーの実現を高く評価する。(日露の)首脳間の合意を着実に実施し、日露関係の潜在力を大きく開花させたい」と述べた。ラブロフ氏は「日露関係をより質の高いレベルに引き上げることによって、あらゆる問題の解決がしやすくなる」と応じた。

 茂木氏の訪露の際、日露間の最大の懸案である北方領土問題と平和条約締結について協議する方針も確認した。茂木氏から、元島民の航空機墓参などの人道措置について改めて協力を要請し、ラブロフ氏は前向きに応じる姿勢を示した。

 日本による対露経済協力については、茂木氏が「関係省庁と連携しつつ、特に極東案件の具体化を進めていきたい」と述べ、予防医療やエネルギーの効率化などと併せ、極東の産業振興に向けた協力を強化する考えを示した。

 茂木氏はラブロフ氏と今年9月に米ニューヨークで初めて会談し、ラブロフ氏が早期の訪露を要請していた。

通し。年内の訪露が実現すれば、茂木氏にとって、条約締結に向けた交渉責任者として本格交渉のスタートとなる。

関連記事(外部サイト)