河野防衛相、韓国にGSOMIA継続の早期判断促す

 河野太郎防衛相は22日夕、日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の失効が回避されたことについて「今回は終了通告の停止ということなので、しっかりと正常化に向けて判断していただきたい」と述べ、韓国側にGSOMIA継続の最終判断を早期に行うよう促した。防衛省で記者団の取材に応じた。

 河野氏は「従前の態勢に早く戻すことが(日米韓の連携が強固であるとの)メッセージを周辺国に示すことになる」と語った。

関連記事(外部サイト)