安倍首相、習氏来日での連携確認、中国外相と会談

安倍首相、習氏来日での連携確認、中国外相と会談

会談に臨む中国・王毅国務委員兼外相(左)と安倍晋三首相=25日午前、首相官邸(春名中撮影)

 安倍晋三首相は25日午前、中国の王毅国務委員兼外相と官邸で会談した。来春に予定する習近平国家主席の国賓としての来日に向けた連携を確認した。

 会談の冒頭、首相は習氏の国賓訪問について「日中新時代にふさわしい、有意義なものになるよう双方で努力していきたい」と述べた。王氏は習氏と李克強首相によるあいさつを紹介する形で「中日関係は当面、正常な発展軌道に戻った。安倍首相が重要な役割を果たしたことに称賛の意を申し上げたい」と応じた。

 同日午後には茂木敏充外相が王氏と東京都内で会談する。茂木氏は日中関係の一層の進展に向け、経済協力や北朝鮮情勢などについて率直に意見交換する。東京電力福島第1原発事故に伴う日本産食品の輸入規制への対応を求めるほか、抗議活動が続く香港情勢についても懸念を伝えるとみられる。

関連記事(外部サイト)