山梨知事「桜を見る会」に後援者推薦 衆院議員時代

山梨知事「桜を見る会」に後援者推薦 衆院議員時代

記者会見する山梨県の長崎幸太郎知事=26日、県庁(渡辺浩撮影)

 首相主催の「桜を見る会」をめぐり、山梨県の長崎幸太郎知事は26日の記者会見で、衆院議員時代に後援会関係者の計2夫婦4人を招待者として推薦したことがあると明らかにした。

 招待者について知事は「地域に大変貢献があった方。陰徳を積んでいる方」とした上で、「選挙活動ではなく、推薦しただけ」と述べ、問題はなかったとの認識を示した。

 推薦した時期は自民党籍ではなかったときとしており、平成25〜29年の桜を見る会とみられるが、「昔のことなので分からない」、推薦を求められた経緯も「正確には覚えていない」と述べた。

 桜を見る会について「開催自体は悪くないが、権力の私物化の疑念を持たれることは避けなければいけない」とした。知事自身は今年4月13日に初めて出席したという。 

関連記事(外部サイト)