桜見る会名簿 請求日に廃棄で公明苦言「そろいすぎ」

 安倍晋三首相が主催した今年の「桜を見る会」の招待者名簿が共産党の資料請求日に廃棄されたことについて、公明党幹部から26日、苦言が相次いだ。

 山口那津男代表は記者会見で「政府は招待者の基準やプロセスを透明化する方針を決めている。資料のあり方も疑義を招かないように明確にしてもらいたい」と注文を付けた。

 石田祝稔(のりとし)政調会長も記者団に「(同じ日になったのは)ちょっとそろいすぎているのではないか。偶然の一致かどうか分からないが、余計な誤解を与えた」と述べた。