外務省「領事面会などできる限り支援」中国で50代男性拘束

 外務省の大鷹正人外務報道官は27日の記者会見で、中国湖南省で7月、50代の邦人男性が中国当局に拘束されたことを在中国日本大使館が確認したことを明らかにした。

 大鷹氏は「政府として、邦人保護の観点から領事面会や家族との連絡などをできる限りの支援として行ってきている」と説明したが、「事柄の性質上、人定事項を含めて詳細は差し控えたい」とした。

関連記事(外部サイト)