自民、改憲へ世論喚起を確認 年内さらに約90カ所で集会

 自民党憲法改正推進本部は28日、党本部で遊説・組織委員会の会合を開き、各地で開催している憲法集会を通じ、改憲実現に向けた世論の喚起に取り組んでいくことを確認した。

 会合では、県連などが主催し、党改憲案の説明などを行う憲法集会が今年に入ってすでに178カ所で開かれ、さらに年内に86カ所で予定していることが報告された。

 同委の古屋圭司委員長は「いよいよ本格的に同時多発的に(集会を)開いていく。全国で世論形成をしっかりしていくことが(国会の)憲法審査会を動かすことにつながる」と語った。

関連記事(外部サイト)