東洋大学が国際化・イノベーションランキング 日本は32位

 東洋大学は28日、国際化と技術革新(イノベーション)の進展度評価の手法を開発し、60カ国のランキングを発表した。首位はシンガポールで日本は32位。2位以降はルクセンブルク、スイス、エストニアなどが続き、米国が9位、英国が10位、中国は15位だった。

 同日記者会見した経済学者で経済財政担当相も務めた竹中平蔵グローバル・イノベーション学研究センター長は、「国のイノベーション力に特化したランキングは世界になく、強みと弱みを学び、政策提言に結びつけたい」と話し、毎年公表する方針を示した。

 評価指標は「国際調和」や「市場動向」、「技術革新」、「人間力」、「関連政策」の5分野58指標。

 日本は、特許出願数や研究開発技術者数などの「技術革新」では3位だが、環境対応など「国際調和」も46位と低調で、「人間力」は57位と極めて低い結果となった。技術系・工学系部門世界大学ランキングの低迷や、学生に占める留学生比率や企業の管理職に占める女性比率など多様性の低さが足を引っ張った。

 今後は、失敗を恐れずに挑戦する学生の起業意向の向上や、起業しやすさを後押しする環境整備、国内総生産(GDP)に占めるベンチャーキャピタル投資、25歳以上の高等教育の参加率向上などが喫緊の課題だと強調している。

関連記事(外部サイト)