高さ制限条例案に町長が反対意見 大阪・島本の臨時議会

高さ制限条例案に町長が反対意見 大阪・島本の臨時議会

区画整理が計画されているJR島本駅西側=大阪府島本町

 大阪府島本町内で建築物の高さを20メートル以下に制限するよう町民が直接請求した条例案が28日開会した臨時町議会に提出された。山田紘平町長は提出にあたり「町内全域に一律の規制をかけるものであるため、適正なまちづくりのあり方とは異なる」と指摘し、「制定すべきではない」と反対意見を表明した。

 臨時町議会は12月4日にも開かれ、請求代表者が意見陳述をした後、条例案を採決する。

 町内は高さ20〜40メートル台の高層マンションの建設が相次いでいる。平成20年に開業したJR島本駅の西側では区画整理が計画されており、大型マンションも建てられる予定。

 このため、町民らが緑に囲まれた景観を損っているとして、条例制定を目指して署名活動。今月8日、2598人分の有効署名を添えて町に条例制定を直接請求した。

関連記事(外部サイト)