菅氏、区分番号の情報は「保有していない」調査も難しいとの認識

菅氏、区分番号の情報は「保有していない」調査も難しいとの認識

会見に臨む菅義偉官房長官=29日、首相官邸(春名中撮影)

 菅義偉(すがよしひで)官房長官は29日午前の記者会見で、首相主催の「桜を見る会」の招待状に振られた区分番号に関し「会の終了をもって使用目的を終えている。情報は保有していない」と述べた。聞き取り調査を行うかを問われ「時間もたっているのでなかなか難しい」とも語った。

 また、菅氏は立憲民主党や共産党などの野党4党が、この区分番号などの説明が不十分だとして審議拒否していることについて「分かりえる限りの説明はさせてもらっている」と強調した。

 同会をめぐっては平成27年に、警視庁が今春、特定商取引法違反容疑で家宅捜索した磁気治療器販売会社「ジャパンライフ」の会長(当時)が招待され、それを宣伝に悪用していた。主要野党は安倍晋三首相や昭恵夫人、首相官邸などの推薦枠で招待されたのではないかと疑惑視している。

関連記事(外部サイト)