中曽根元首相死去 自民・細田氏「戦後一貫して自主憲法制定の信念」

 自民党の細田博之憲法改正推進本部長は29日、中曽根康弘元首相の死去について、産経新聞の取材に「戦後一貫して自主憲法制定、全文改正という信念をお持ちだった」と述べた。その上で「現在、憲法改正議論も徐々に進んでいるが、それは部分改正で、必ずしも中曽根氏の信念とは違うところがあるが、まずは改正すべき部分から改正するということで理解をいただいていたと思う」と語った。

関連記事(外部サイト)