中曽根元首相死去 共産・不破哲三氏「率直な討論のできる政治家」

 共産党の不破哲三前議長は29日、中曽根康弘元首相の死去を受け「政治的に対立する立場にあったが、率直な討論のできる政治家だった。心からのお悔やみを申し上げる」との談話を発表した。

 不破氏は、現職時代に予算委員会後に国会の廊下まで追いかけてきた中曽根氏から「基地問題について不破さんは重大な問題を提起していたのに、政府側はその意味が分からなかったようだ」と語りかけられたエピソードも紹介した。

関連記事(外部サイト)