中曽根元首相死去 自民・岸田文雄氏「日本の政治の基礎作った」

 自民党の岸田文雄政調会長は29日、中曽根康弘元首相の死去について「党にとっても日本の政治にとっても大きな存在だった。平成、令和の時代につながる日本の政治の基礎を作った方だ」と述べた。党本部で記者団の取材に応じた。

 岸田氏は中曽根氏の業績について「戦後政治の総決算を掲げ、国鉄、専売公社をはじめとする大きな行政改革を成し遂げた。対外的には日米の緊密な体制を築き上げた」と語った。

 また、中曽根氏がライフワークにしていた憲法改正に関し「国民の理解や協力によって、時代の変化に対応した憲法のあり方を考え、憲法改正を実現したい」と訴えた。

関連記事(外部サイト)