中曽根元首相死去 下村博文氏「存命中に改憲できず残念」

 自民党の下村博文選対委員長は29日、中曽根康弘元首相の死去について「憲法改正をずっと訴えていた中で、われわれ後輩がご存命中に実現できなかったのは残念だ。ぜひ憲法議論をもっと積極的に進めていきたい」と述べた。

 「戦後の歴史の足跡の中で大きな役割を果たした大宰相だった」とも語った。産経新聞の取材に答えた。

関連記事(外部サイト)