安倍首相、イラン外務次官と面会 自衛隊派遣で意見交換か

 安倍晋三首相は3日、イランのロウハニ大統領の特使として来日したアラグチ外務次官と官邸で面会した。中東海域の航行の安全確保に向けて日本政府が検討している自衛隊の独自派遣について意見を交わしたとみられる。

 アラグチ氏は、ロウハニ師が6月の首相のイラン訪問といった中東地域での外交努力を高く評価し、引き続き緊張緩和に向けた日本の取り組みを期待していると伝えた。首相はウラン濃縮拡大など核合意を損なう対応を控えるよう要請した。

関連記事(外部サイト)