河野防衛相、自衛隊の中東派遣「当初の想定通り」

 河野太郎防衛相は8日夜、防衛省で記者団に、イランがイラク国内の米軍駐留基地を攻撃して中東情勢が緊迫化する中でも、予定通りに海上自衛隊を中東海域に派遣する意向を示した。「準備を進めている。当初の想定通りに送り出したい」と述べた。

 河野氏は「今、日本船舶の航行の安全に関する情報収集をきちんとやらなければいけない状況だ」とも述べ、派遣の意義を強調した。

 政府は海自の護衛艦「たかなみ」を2月上旬に出港させ、同月下旬の情報収集活動開始を目指している。これに先立ち、P3C哨戒機を今月11日に出発させ、月内に活動を始めたい考え。

関連記事(外部サイト)