首相、予定通り中東3カ国歴訪へ

首相、予定通り中東3カ国歴訪へ

首相 予定通り中東を歴訪へ

首相、予定通り中東3カ国歴訪へ

米トランプ大統領の、対イラン攻撃への声明を受け記者団の質問に答える安倍晋三首相=9日午前、首相官邸(春名中撮影)

 安倍晋三首相は9日、11−15日の日程で検討してきた中東のサウジアラビア、アラブ首長国連邦(UAE)、オマーンの3カ国への歴訪について、予定通り実施する意向を固めた。複数の政府関係者が明らかにした。

 米国とイランの情勢の緊迫化を受け、日本政府内には安全確保などへの懸念から歴訪を延期すべきだという意見もあった。しかし、首相は歴訪を模索し続け、トランプ米大統領が軍事力行使に否定的な考えを表明したことなどを受け、決断した。

 首相は、関係国に対し中東地域の緊張緩和を働きかけるとともに、海上自衛隊の中東派遣に理解を求める予定だ。

関連記事(外部サイト)