海自哨戒機が中東へ出発 河野防衛相が激励

海自哨戒機が中東へ出発 河野防衛相が激励

海自P3C哨戒機が中東へ出発

海自哨戒機が中東へ出発 河野防衛相が激励

中東海域での情報収集活動に出発する海上自衛隊のP3C哨戒機部隊隊員に訓示する河野太郎防衛相=11日午前、那覇市の海自那覇基地

 中東地域での日本船舶の安全確保を目的とした情報収集強化のため、周辺海域への派遣命令を受けた海上自衛隊第5航空群のP3C哨戒機2機が11日、那覇基地からアフリカ東部ジブチに向けて出発した。哨戒機部隊は20日に現地で活動を開始する予定。

 河野太郎防衛相は出発式に出席し、隊員に「中東地域の平和と安定は国際社会にとって極めて重要だ。勇気と誇りを持って任務に精励してください」と強調。隊員家族には「全員が無事帰還できるよう万全の態勢を整える」と述べた。

 哨戒機部隊は防衛省設置法の「調査・研究」を根拠に情報収集活動を行う。ジブチを拠点とし、アデン湾などにおける海賊対処行動も行う。2月2日には護衛艦「たかなみ」も神奈川県の横須賀基地を出発し、同月下旬に活動を開始する。

 活動海域はオマーン湾、アラビア海北部、バベルマンデブ海峡東側の公海。米国とイランの対立が続く中で、米国が主導するホルムズ海峡周辺の有志連合には参加しないが、海自が得た情報は米軍などと共有する。情報収集活動の活動期間は派遣を閣議決定した昨年12月27日から1年間で、延長には閣議決定が必要。

関連記事(外部サイト)