薄氷の安倍仲介外交 サウジ傾斜 イラン失望も

 安倍晋三首相のサウジアラビア訪問は、従来の資源確保や親善目的に加え、中東地域の緊張緩和に向けた役割を担う日本の姿勢を印象づけた。米イランが対立する中、中東の大国サウジの首脳に抑制的対応を促し、緊密な連携を取り付けた意義は大きい。一方で、米国に近いサウジなどに傾斜しているように映れば、米国と敵対するイランの不信感を招くリスクも抱える。首相の「仲介外交」はガラス細工の様相だ。

 ムハンマド皇太子「東京や(サウジの)リヤドで高いビルばかり見ているよりも、この大自然のなかで、人間は英気を養うことができる」

 首相「生涯の記憶に残る」

 首相とムハンマド氏による12日夜(日本時間13日未明)の会談は、サウジ北西部ウラー近郊の、ビルほどの高さの切り立った岩肌が露出した広大な砂漠に囲まれたムハンマド氏の別荘の敷地内で行われた。首相もサウジ側が用意した民俗衣装に身を包み、サウジの文化に寄り添った。

 会談に同席した岡田直樹官房副長官によれば、両氏は「腹を割って話すことができた」という。サウジ側の首相に対する厚遇は、中東の大国であるサウジとイラン双方とパイプを持つ首相の強みを際立たせた。

 一方で、中東各国と友好関係を持つからこそ、日本は今後、難しいかじ取りを強いられる可能性もある。

 米国主導のホルムズ海峡の安全確保に向けた有志連合にサウジやアラブ首長国連邦(UAE)は参加するが、日本は一線を画し海上自衛隊を中東に独自派遣することを決めた。

 首相はイランのロウハニ大統領には理解を得たとの立場だが、専門家の間では「有志連合に参加する国を訪れて海自派遣について『支持』を得る行動が、イランには米国と連携していると映りかねない」との声も上がる。

 米国による制裁で経済が低迷するイランは、水面下で日本の経済支援を要請しているが、米国の制裁を骨抜きにするような対応は難しい。イランの失望を招けば、伝統的な友好関係は揺らぎかねない。

 首相は13日午前(日本時間同日午後)、同行記者団に「これまでの中東との友好関係の上、日本ならではの粘り強い外交努力を続けていきたい」と意気込んだ。複雑な利害が絡む中東情勢で安定に向けた成果を出せるか。外交手腕の真価が問われるのはこれからだ。(ウラー 沢田大典)

関連記事(外部サイト)