野党、菅長官に辞任要求 桜見る会の公文書管理問題「看過できず」

野党、菅長官に辞任要求 桜見る会の公文書管理問題「看過できず」

桜巡り野党が菅氏に辞任要求

野党、菅長官に辞任要求 桜見る会の公文書管理問題「看過できず」

会談後、記者団の質問に答える立憲民主党・安住淳国対委員長(中央)。左は国民民主党・原口一博国対委員長=15日午前、国会内(春名中撮影)

 立憲民主党の安住淳国対委員長は15日、首相主催の「桜を見る会」をめぐる問題で、招待者名簿の取り扱いで公文書管理法違反があったことを認めた菅義偉官房長官について、野党合同で辞任を求める意向を表明した。国会内で記者団に「政府の責任者がみずから公文書管理に違反する行為を行い、それを認めたとなれば看過できない。責任を取るべきだ」と強調した。

 安住氏は「国民の財産である公文書を時の最高権力者がみずから破棄する。またそういう組織が日本の真ん中にあることは許しがたい」とも語った。辞任要求は「予算委員会で徹底的にやる」と述べ、国会で厳しく追及する姿勢をみせた。

関連記事(外部サイト)