安倍晋三首相、中東3カ国歴訪から帰国

 安倍晋三首相は15日午後、サウジアラビア、アラブ首長国連邦(UAE)、オマーンの中東3カ国歴訪を終え、政府専用機で羽田空港に到着した。首相は各国首脳との会談で、海上自衛隊の中東海域への派遣に理解を求めた。野党は自衛隊派遣に反発しており、20日に召集される通常国会の焦点となる。

関連記事(外部サイト)