河井氏 国会欠席中は「妻の療養に付き添い」 自民離党せず

 河井克行前法相は15日夜、法定額超の報酬を運動員に渡したとされる妻の案里参院議員の公職選挙法違反事件に関し、自身が国会を長期欠席したことについて「皆さまにご迷惑をかけ、国会の審議に支障をきたしてはいけないと欠席していた。(療養が必要とする)診断書が出ていた妻の療養にも付き添っていた」と説明した。

 疑惑への説明責任については「説明したい気持ちはあるが、すでに刑事告発され、捜査が始まっているので、私から申し上げるのは控えさせていただく。誠に心苦しい限りだが、どうぞご理解をいただきたい」と語った。都内で記者団の取材に答えた。

 河井氏は文書も発表し、「関係者の皆さんに大変なご迷惑とご心配を掛けたことに深くおわびを申し上げる」と謝罪。同時に「後日きちんと説明する。刑事事件の捜査が行われているので、弁護士とも相談し、捜査にしっかり協力する」とした。

 河合氏は、法定額超の報酬を運動員に渡したとされる妻の案里参院議員の公職選挙法違反疑惑に関し、案里氏の進退について問われ「妻に聞いてほしい」と答えた。また、自民党を離党しない意向も示した。

関連記事(外部サイト)