河井克行前法相会見詳報(下)「国会議員として責務果たしていく」

河井克行前法相会見詳報(下)「国会議員として責務果たしていく」

報道陣の取材に応じる河井案里氏=15日午後、東京都千代田区(古厩正樹撮影)

 −−今回の件について、安倍晋三首相(自民党総裁)や二階俊博幹事長に経緯などの説明はしているのか

 「していない。あくまで今日、広島地検が地元事務所の家宅捜索を行ったという報告を受けて、まずは地元の皆さま、関係者の皆さまに大変なご心配、ご迷惑をおかけした。そのことについて深くお詫びを申し上げたい。あわせて捜査には全面的に協力する。当局からの協力要請には真摯に対応して、説明協力を行っていく所存ですということをぜひ皆さまに今のうちに申し上げたい、そのように考えた」

 −−疑惑発覚後、速やかに説明するという考え方はなかったのか

 「そのことにつきましても刑事告発がなされましたので、捜査に支障をきたしてはならない、捜査に支障をきたしてはいけない、そういう考えを持っておりました。説明をさせていただきたい気持ちはありましたし、今でもあります。しかしながら、すでに刑事事件として捜査が始まっておりますので、そのことにつきましては、自分の考え、所感などについては申し上げることは控えさせていただきたいと思います」

 −−離党や議員辞職については考えていないということだが、その理由を

 「通常国会が間もなく始まります。国会議員としての責務をしっかりと果たしてまいる、そういった所存であります」

 −−昨年の臨時国会に関しては国会審議に支障をきたすので出席しなかったという説明だった。通常国会でも支障をきたす可能性はあると思うが、なぜ違う

 「臨時国会につきましては、大臣を辞任して、そしてさまざまな方にご迷惑をいたしました。さらに国会審議に支障をきたしては決していけない、そのように考えまして国会を欠席させていただきました」

 −−通常国会は支障をきたさないのか

 「通常国会につきましては、国会議員としての責務をしっかりと果たしていくべく、出席をするつもりであります」

 −−臨時国会でも責務を果たすために出席するべきだったのでは

 「繰り返しになりますけれども、国会の欠席につきましては、多くの方にご迷惑をおかけして、国会審議に支障をきたしてはならない、そういう考え方から欠席をさせていただきました。そして合わせて、診断書の出ている妻の療養にも付き添っていたということです」

 −−疑惑が事実か否かを答えることが、どうして捜査に支障をきたすかが分からない

 「そういった事柄を含めて、捜査に支障をきたしてはいけないという考え方から、私の所感、考え方などを申し上げるべきではない、そのように思っております」

 −−今の会見で説明責任を果たしたと考えるか

 「もうすでに今日、地元事務所が広島地検によって家宅捜索を受けました。刑事告発を受け、刑事事件として捜査が始まっております。当局の協力要請には真摯に対応していく、そして捜査には全面的に協力をしていく。当局に対する協力、説明をしっかりと果たしていく、それが今一番必要なことだと、そう考えています」

 −−潔白なら潔白と言った方が良いと思うが、言えないというのはどこか思うところがあるのか

 「すでに刑事事件として捜査が始まっております。地元事務所に広島地検の家宅捜索が入りまして、そういった事柄を受けて、まずは捜査に全面的に協力をする。そして、当局からの協力要請には真摯に対応をして、しっかりと協力、説明をしていく、それをしっかりとこれからやっていきたいと思っています」

 −−地元・広島ではこういった説明はやらないのか

 「そのことにつきましても、刑事告発を受けております。そして刑事事件として捜査が始まっておりますので、捜査に支障をきたす、そういったことについては差し控えるべきだろう。そう考えておりますので、今後刑事事件の進捗状況、そしてまた、捜査への支障の有無などを勘案して、しっかりと適切な時期に、捜査が終了後、皆さまに説明をさせていただきたい、そう考えています」

 −−この深夜になぜ記者会見を行ったのか

 「まだ詳細が良く分かっておりません。できるだけ把握しようというふうに努めましたけれども、こういった時間になってしまいました」

 −−周知が30分前ということでマスコミに失礼ではないか

 「できるだけ正確なことを申し上げたい、そのように考えましたので、こういった時間になりました」

 −−今日はどのような気持ちか

 「今日、今日というよりも、先ほど申し上げましたけれども、議員宿舎に行っておりました」

 −−法相辞任から告発までには時間があった。告発されて刑事事件になったから説明できないとしているが、告発までに期間があったと思うが、その期間に説明できなかったのか

 「刑事告発をなされましたので、捜査に対して支障、影響をきたしてはいけない、そういう考え方から、繰り返しになりますけれども、自分の考え方、そしてコメントなどについては控えさせていただいております」

 −−今のは質問に答えていない。もう一度

 「刑事告発がなされましたので、現になされておりますので、捜査に支障をきたすようなことにつきましては、それは控えるべきだと、そういう考え方であります」

 −−法相を辞任してから刑事告発までの間に説明できたのではという質問だが

 「そのことにつきましても、すでに今もう刑事事件として捜査が始まっておりますので、捜査に支障をきたすことについては、発言を控えさせていただきたいと存じます」

 −−なぜそれまでの間に説明できなかったかを含め、今は説明できないという解釈で良いか

 「刑事事件として刑事告発を受け、刑事事件としてすでに捜査が始まっておりますので、私から説明をさせていただきたい気持ちはもちろんありましたけれども、控えさせていただきたいと思います」

 −−有罪になった場合の進退はどう考えているか

 「それにつきましては、仮定の質問でありますので、今ここで申し上げることはできないと思います」

関連記事(外部サイト)