河井克行前法相発言詳報(上) 詳細な説明は「控える」繰り返す

河井克行前法相発言詳報(上) 詳細な説明は「控える」繰り返す

安倍晋三首相へ辞表を提出し、記者団の質問に答える河井克行法務相(当時)=令和元年10月31日午前、首相官邸(春名中撮影)

 自民党の河井克行前法相が15日夜、都内で行った妻の案里参院議員の公職選挙法違反事件に関する記者団とのやりとりの詳細は次の通り。

    ◇

 −−本日、家宅捜索を受けたコメントを

 「まずは、こうして夜分にかかわらずお集まり頂き誠にありがとうございました。本日、地元事務所が、広島地検の家宅捜索を受けたと報告を受けた。地元の皆さま、有権者の皆さま、そして支援者、支持者の皆さまには大変ご心配、ご迷惑をおかけしましたこと、深くお詫(わ)びを申し上げます。捜査には全面的に協力します。そして当局からの協力要請に真摯(しんし)に対応します。説明、協力をしっかりとこれから行っていく所存です」

 −−今日捜索をうけた理由は

 「まだ詳細については把握していない」

 −−妻の案里氏に公選法違反の疑いがある。事実関係は

 「このことについては、すでに刑事事件として捜査が始まっているので、私からコメントを申し上げるのは控えたい。捜査には全面的に協力し、当局からの協力要請に真摯に対応して、そして協力、説明をしっかりしていく所存だ」

 −−法相を辞任する際に説明責任を果たすと言っていたが

 「まず、国会の長期の欠席についてだが、皆さまにご迷惑をおかけして、国会審議に支障をきたすことがあってはいけないと考えて、国会を欠席していた。さらに加えて、既に診断書が出ている、妻の療養にも付き添っていた」

 「お尋ねの説明責任についてだが、説明したい気持ちはもちろんある。あるが、すでに刑事告発がなされ、そして刑事事件として捜査が始まっているので、このことについては私から申し上げることは差し控えることが適切だと考えている。本当に、誠に心苦しい限りだが、どうぞご理解をいただきたいと思う」

 −−次の国会に出席して、説明する考えは

 「説明については、すでに刑事告発を受けて、刑事事件として捜査が始まっているので、捜査に支障をきたしてはならないと考えているので、説明については、刑事事件の進捗(しんちょく)、それから捜査への支障の有無などを勘案して適切な時期に説明をさせていただきたいと思っている。もちろん捜査に全面的に協力させていただく。その上で、通常国会には出席して、国会議員としての責務を果たしていきたいと考えている」

 −−離党や議員辞職の考えは

 「まずは捜査に全面的に協力することが、繰り返しになるが、今一番大事なことだと考えている。今おっしゃったようなことについては考えていない。あくまでも当局からの協力要請については真摯に対応して、協力、説明をしっかりとしていく所存だ」

 −−法相辞任後はどこで何をしていたのか

 「議員宿舎にいた。何をやってきたかということだが、それについては、先ほど申し上げた通り、皆さまにご迷惑をおかけして、国会審議に支障をきたしてはいけないと考えて国会を欠席した。同時に妻の療養にも付き添っていた」

 −−広島の有権者に一言

 「冒頭申し上げたが、今回の私の地元事務所に対する広島地検の家宅捜索、本当に多くの地元の皆さま、有権者の皆さま、そして支持者、後援会の皆さまに大変なご心配、ご迷惑をおかけした。改めて地元の皆様に深くお詫び申し上げます。その上で、捜査にまず全面的に協力してまいります。当局から協力要請、それに対しては真摯に対応していく。そして協力、説明もしっかり行っていく」

 −−前法相への家宅捜査は相当な覚悟だが、どう受け止めるか

 「刑事事件として捜査が始まっているので、私がそのことについて所感を申し上げることは控えたい。あくまでも捜査に支障をきたすことがないようにしなきゃいけないと、弁護士からも言われているので」

 −−なぜ今日、記者対応したのか

 「本日、地元事務所に広島地検が家宅側索を行ったという報告を受けたので、地元の皆さま、そして関係者の皆さまに大変なご心配、ご迷惑をおかけしたことをまずは深くお詫びを申し上げたい。そして同時にこの事態を受けて、捜査に全面的に協力していく。それから、当局からの協力要請には真摯に対応して、協力、説明をしっかりと行っていく所存だということをぜひ皆さまに申し上げたいと考えた次第だ」

 −−(記者対応について)20分ほど前に(記者団の)幹事社から連絡があった。なぜ急な呼びかけになったのか

 「確か、幹事社には35分前に連絡させていただいたと思う」

 −−35分前だから十分だと

 「いえいえ、今そのようにおっしゃったものですから、そのように対応させていただいた。その上で、重ねてになるが、説明をさせていただきたい気持ちはもちろんある。しかしながら、すでに刑事事件として捜査が始まっているので、気持ちはもちろんあるが、大変心苦しい、その一言に尽きる。本当に心苦しい限りだ。まずは捜査に全面的に協力していきたい」

 −−昨年末に説明できなかったのか。家宅捜索がなかったら乗り切ろうと思っていたのでは

 「すでに刑事告発がなされていたので、捜査に支障をきたすようなことは控えるべきだと一貫して考えていた」

 −−このタイミングだったら大丈夫だと思ったのか

 「本日、広島地検によって、地元事務所が家宅捜索を受けるという展開があったので、地元の皆さま、関係者の皆さまに、大変なご心配ご迷惑をかけた。そのことをしっかりと深くお詫び申し上げたい。そしてその上で捜査に全面的に協力し、当局からの協力要請には真摯に対応していく。それを皆さまに申し上げたいという気持ちで、今日この場を声をかけさせていただいた」

 −−案里氏の今後の議員活動については

 「そのことについては、妻本人にお尋ねをいただきたいと思います」

 −−今から15分後に案里氏が記者会見するみたいだが、お互いに連絡を取り合って今日という日を選んだのか

 「それについても、本人にお尋ねしていただきたいと思う」

関連記事(外部サイト)