立民・福山氏、合流可否「20日に結論を」 国民に要求

 立憲民主党の福山哲郎幹事長は16日、国民民主党の平野博文幹事長と東京都内で会談し、政党合流の可否について20日に結論を出すよう求めた。福山氏は会談後、記者団に「20日に通常国会が始まり、論戦に挑まないといけない。(合流について)いたずらに時間をかけることがいいとは思えない」と強調した。

 国民は20日に両院議員総会を開き、合流に関して党内議論を行う。福山氏は会談で、「総会で結論を得てほしいと強く申し上げた」という。

 福山氏は両党間の協議について「不満はあっても、お互いがぎりぎりのところで合併できるラインには来ている」と指摘。「合併する意思があるかどうかが大事だ」とも話した。

関連記事(外部サイト)