敷島公園水泳場「関水電業敷島プール」に 群馬

 群馬県は14日、前橋市の県立敷島公園水泳場の命名権(ネーミングライツ)を関水電業(前橋市)が取得したと発表した。愛称は「関水電業敷島プール」。契約額は年間220万円で、期間は今年4月から令和5年3月末まで。

 財政難にあえぐ県は財政健全化に向け、2年度からネーミングライツを付与する県有施設などを元年度の3倍超の21件に拡大する方針を固め、敷島公園水泳場などを加えていた。

 これまでのネーミングライツ付与施設は6件で、収入は令和元年度当初予算ベースで約3658万円だった。

関連記事(外部サイト)