自民・森山国対委員長 令和2年度補正予算の必要性に言及

 自民党の森山裕国対委員長は13日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う経済への悪影響を緩和させる対策として、令和2年度補正予算の必要性に言及した。共産党の穀田恵二国対委員長と国会内で会談した後、記者団に語った。

 穀田氏からは、政府が経済対策をまとめるにあたり、与野党の党首会談を含め各党から意見を聴取すべきとの考えが示された。森山氏は記者団に「大きな補正予算を組むし、今まで経験したことのない経済状況も予測される。野党の意見を安倍晋三首相が直接聞くことはいいことではないか」と述べた。

関連記事(外部サイト)