日仏首脳が電話会談、新型コロナ対策で緊密連携確認

 安倍晋三首相は13日夜、フランスのマクロン大統領と約30分間、電話で会談し、新型コロナウイルスの感染拡大防止に向けて緊密に情報共有する考えで一致した。

 首相は会談で、全国規模のイベントの自粛や小中高校などの臨時休校といった日本政府の対応を説明した。フランスでは感染が拡大しており、マクロン氏は全土で学校を休校とする方針を表明している。

 会談では、夏の東京五輪の成功に向け緊密に連携していくことも確認した。

関連記事(外部サイト)