安倍首相が新型コロナで会見「緊急事態の判断は慎重な判断」

首相 緊急事態"現時点ない"

 安倍晋三首相は14日夕、官邸で記者会見に臨み、新型コロナウイルスの感染拡大に備え「緊急事態宣言」を可能にする改正新型インフルエンザ等対策特別措置法が成立したことについて「あくまで万が一のための備えをし、そのための法律だ。さまざまな私権を制限する緊急事態の判断は専門家の意見もうかがい、慎重な判断を行っていく」と述べた。現時点で宣言する段階ではないことも明らかにした。

関連記事(外部サイト)