新型コロナ、ドイツやフランスも入国拒否へ

 政府は新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐ水際対策として、新たにドイツ、フランスなどの欧州18カ国やイランの全土を出入国管理法に基づく入国拒否の対象に加える方向で調整に入った。24日、政府関係者が明らかにした。

 日本への入国申請日より前の14日以内にこれらの地域への滞在歴がある外国人が対象。政府は近く、新型コロナウイルス感染症対策本部の会合を開き、正式決定する。

 外務省は23日、これらの地域に関して感染症危険情報をレベル3に引き上げ、渡航中止を勧告していた。

関連記事(外部サイト)