公明幹事長「国会議員として説明責任を」

 公明党の斉藤鉄夫幹事長は24日、自民党の河井案里参院議員の公設秘書と、杏里氏の夫の克行前法相の政策秘書が公職選挙法違反の罪で起訴されたことについて「国会議員として説明責任を果たしてほしい」と述べた。河井夫妻はそれぞれ談話を出したが、斉藤氏は「説明責任を果たしているとは思わない」と批判した。国会内で記者団に語った。

 斉藤氏は昨年の参院選で公明党が河井氏を推薦したことに触れ「こういうことになって大変残念だ。有権者に説明責任を果たしてほしい」と強調した。両氏の進退については「政治家の出処進退は自分で決断するものだ」と語った。

関連記事(外部サイト)