森喜朗の「女性というには年」発言 女性の正体は旧知の秘書

森喜朗の「女性というには年」発言 女性の正体は旧知の秘書

何を言っても怒られる

 3月26日、都内のホテルで自民党の河村建夫元官房長官(78)が開いた“衆議院議員在職30年を祝う会”。安倍晋三前総理に二階俊博幹事長、加藤勝信官房長官と、錚々たる顔ぶれが列席したが、“濃い”会場の濃度をさらに上げたのは、森喜朗元総理(83)だ。

 今年2月、“女性は話が長い”発言で見事に炎上し、東京五輪・パラリンピック組織委員会会長の座を追われた森氏。

「開場とともに現れると、“上座の方へ”と勧められていました。でも“俺が目立っちゃまずいだろ”と言って、頑なに一般の来賓席から動こうとしませんでした」(参加者)

 いつもとは打って変わった謙虚さ。まさかこの人、反省しているのか――。

 しかし、そんな周囲の期待が直後に消し飛んだのは、ご承知の通り。

 挨拶のため、壇上に立った森氏は、

〈河村さんの部屋に大変なおばちゃんがいる。女性と言うには、あまりにもお年だ〉

 と発言。大手メディアは一斉に“また女性蔑視”と猛批判を食らわせた。

 ところで、この〈大変なおばちゃん〉の正体を知れば、違った風景が見える。

「その方は、永田町の“名物秘書”なんですよ」

 と、古参の政治記者。

「なんてったって、御年89歳。多少腰は曲がっていますが、いまだに頭脳は明晰。朝早くから議員会館の河村事務所に詰めていて、地元の陳情から選挙から、全て彼女が差配してきたと言っても過言ではない」

 永田町歴も古く、

「かつては、田中義一元首相の長男で、通産相や文部相を歴任した故・田中龍夫衆院議員の金庫番を務めていました。その後、河村氏が田中氏から地盤を引き継ぎ、彼女も河村氏の事務所に入った」(同)

 森氏との関係も深く、河村氏の事務所関係者は、

「彼女と森さんは、森さんがまだ議員秘書だったころからの付き合いで、彼女の方が先輩格。昨年2月に、内々で彼女の米寿のお祝いをやったときにも、森さんは駆け付けてくださった」

 永田町の生き字引のような存在でもあるらしい。

「彼女は小泉純一郎元総理が福田赳夫事務所で下足番をやっていたときにも“私が彼にお小遣いをあげていたの”と話すような、ある意味、超越した存在なんです。昨年末から体調を崩し、今は休養されていますが、今回のような掛け合いはいつものこと。森さんが名前を出してくださったのも喜んでいると思いますよ」(同)

「週刊新潮」2021年4月8日号 掲載

関連記事(外部サイト)

×