アメリカで司法試験に挑戦しても…小室圭さんに決定的に欠けていることとは

眞子さまと婚約延期の小室圭さんと黒田清子さんの夫・黒田慶樹さんは正反対と指摘も

記事まとめ

  • 黒田清子さんの夫・黒田慶樹さんは31歳で銀行を辞め東京都庁に転職、出世しているそう
  • 眞子さまと婚約が延期の小室圭さんは三菱東京UFJ銀行から法律事務所に転職し留学した
  • 黒田さんと好対照でキャリアがフラフラして、結婚に国民の理解を得るのは難しいとも

アメリカで司法試験に挑戦しても…小室圭さんに決定的に欠けていることとは

アメリカで司法試験に挑戦しても…小室圭さんに決定的に欠けていることとは

黒田慶樹さん

■質素・堅実な皇室


「それ相応の通信手段を使って」──これは東京都職員の黒田慶樹さん(56)の発言だ。過去に大きく報道されたことがある。

***

 もちろん黒田さんは、サーヤの愛称で親しまれた黒田清子さん(52)のご主人。降嫁される前、「紀宮さま」との婚約内定が2004年11月に明らかになり、マスコミは黒田さんのもとに殺到した。

 11月14日、黒田さんは東京都渋谷区の自宅マンションの前で、約5分間にわたって報道陣の取材に応じた。

 その際、「紀宮さまとは普段、メールや電話で連絡を取られているのですか?」との質問に、黒田さんは「それ相応の通信手段を使って」と答え、笑みを浮かべた。多くのメディアが絶妙な言い回しを報じた。

 ちなみに朝日新聞が翌15日の朝刊に掲載した記事「メール・手紙が心結ぶ 婚約内定の紀宮さまと黒田さん」によると、2人とも多忙だったため、基本的な「通信手段」はメールだったという。

《互いの思いをつづった手紙》のやり取りもあった。交際を公にはできないことから、何と秋篠宮さま(55)が配達を担当されたという。

 秋篠宮さまは清子さんの兄であり、黒田さんとは学習院初等科からのご学友。その後も親友として親密な関係を築かれた。手紙の“配達係”としては、まさに“余人を持って代えがたい”存在だった。


■成績抜群だった黒田さん


 黒田さんは同年の12月30日に行われた婚約内定の記者会見でも、報道陣を笑わせている。

 黒田さんは1988年に学習院法学部を卒業。全優レベルという抜群の成績を残し、三井銀行(現・三井住友銀行)に入行した。

 だが31歳になって銀行を辞め、東京都庁に転職する。当時の報道によると、大学時代から「街づくりにかかわる仕事がしたい」と話していたという。

 報道陣は記者会見で「自分の性格や転職の理由」を質問した。すると黒田さんは「都庁の採用試験の面接以来のご質問でございます」と返して笑わせたのだ。

 ちなみに、性格は「基本的には冷静、あるいは鈍いと申し上げたほうがより正確かも」と自己分析。転職は「公共の仕事に携わりたかった。将来は都民の皆さまのお役に立つべく、日々の仕事を大切に務めていきたい」と説明した。

 一方、秋篠宮の長女・眞子さま(29)と婚約が延期になっている小室圭さん(29)の場合、記者会見が開かれたのは2017年9月3日だった。


■「なすがまま」が座右の銘?


 この際、報道陣から「座右の銘」を問われた小室さんは、何と「好きな言葉」として「Let it be」を挙げたのだ。

 この回答は、あまり評判がよくなかった。週刊新潮は17年9月14日号に「祝『眞子さま』ご婚約でも不安な新郎の“レット・イット・ビー”」の記事を掲載した。

《ビートルズ最後の名曲で使われたタイトルでもあるが、直訳すれば、“なすがままに”。結婚生活も成り行き任せという意味ではないだろうが、発言の場が場だけに、誰もが一抹の不安を感じたに違いない》

 重要なのは、掲載は小室家の金銭トラブルが報じられる前ということだ。週刊新潮が「『眞子さま』嫁ぎ先に『紀子妃』のご心痛『海の王子』母親の430万円『援助交際』トラブル」の記事を掲載したのは翌18年の2月1日号だった。

 この時点で世間が不安視していたのは、小室さんの経歴だった。週刊新潮は宮内庁担当記者に取材を依頼、以下のようなコメントを掲載している。

「一時期アナウンス学校に通っていたこともあれば、銀行員をすぐに辞め、現在、大学院に通いながら法律事務所で弁護士の見習いをしている身。職を転々としており、今の年収も500万円ほどと言われています」


■堅実な経歴


 黒田さんの発言が報じられるたび、祝福ムードが盛り上がっていったのとは非常に対照的だと言っていい。

 小室さんの場合は発言が報じられるたび、世論の“警戒ムード”が高まっていった。皇室に詳しい記者が言う。

「黒田家の親類には元華族や皇族につながる方はいます。しかし、黒田家自体は特別な家柄ではありません。父親はトヨタ自動車に勤務するサラリーマンで、黒田さんが大学生の時にお亡くなりになりました」
 銀行から都庁という経歴も、公共性の高い仕事という意味で一貫している。もちろんコネで転職したわけではなく、ご本人の実力で試験を突破したのだ。

「黒田さんは地方公務員で、別にIT企業を経営していたり、先祖の資産を管理する利子生活者だったわけでもありません。極めて堅実に、地に足をつけた生活を送ってきたわけです。それは堅実質素を大切にする皇室と重なり合う部分が多く、だからこそ世論も結婚を祝福したのではないでしょうか」(同・記者)

 一方の小室さんは、金銭トラブルを除外したとしても、まるで“自分探し”に熱中しているかのようにキャリアが定まらない。


■好対照なキャリア


「そもそも婚約内定が報道された時は《法律事務所勤務》でした。その際、三菱東京UFJ銀行を辞めていたことも明らかになりました。あの時点で『メガバンクをたった2年で辞めるのか?』と違和感を覚えた人も少なくなかったと思います」(同・記者)

 おまけに法律事務所に勤務しながら、一橋大学大学院国際企業戦略研究科(経営法務専攻)に通っていたという事実も、あまり世間は好意的に受け止めなかった。

 山田順氏は光文社に勤務中、「光文社ペーパーバックス」を創刊、編集長に就任したことで知られる。

 2010年からフリーランスとなり、ジャーナリストとして欧米の事情なども報じてきた。その山田氏がYAHOO!個人ニュースに19年5月20日、「小室圭さんのキャリア形成が『間違いだらけ』と思う理由」との記事を配信した。

 山田氏は、この記事で《娘も親戚もインターの出身》と明かし、タイトル通り小室さんの学歴や職歴に疑問を投げかけた。

 記事では三菱東京UFJ銀行を《日本的なキャリアとしては、エリートコース》とし、《銀行員としてのキャリアを積み、出世を目指すのが自然》だと指摘した。


■支離滅裂な経歴!?


 だが小室さんは銀行を辞めて、法律事務所でパラリーガル(法律事務職員)として働き始めた。

 山田氏は《パラリーガルと言えば聞こえはいいが、アルバイト事務員とそう変わらない》とリアルな現状を解説した上で、《弁護士を目指す法学部出身者が、将来を考えてやるのが一般的》だとした。

 更に一橋大学の大学院で勉学に励んでいるとしても、その内容がキャリア形成に直結していない可能性も指摘した。山田氏によると、国際法務の道を目指すのなら、《まずは日本の司法試験に合格し、弁護士資格を取るのが普通》だからだ。

 こんな矛盾だらけの状態で、眞子さまと幸福な家庭を築けるのだろうか──世間が不安を抱く中、小室さんはあっさり法律事務所を辞めてしまう。

 司法試験に挑戦するのかと思いきや、渡米してフォーダム大学のロースクールへ留学してしまったのだ。

 その前後に金銭トラブルが報じられたこともあり、世論は「小室さんは自分のお金で勉強したり、留学したりしたのだろうか?」と今でも懐疑的に見ている。


■法律事務所の支援


 フォーダム大学が公式サイトに《日本のプリンセス眞子の婚約者である小室圭》と記述したことも大きな論争を呼んだ。果たして小室さんは自分の力だけで名門ロースクールに入学することができたのだろうか?

 少なくとも1年目は学費が全額無料という奨学生に選ばれたが、この選考に《プリンセスの婚約者》と大学が認識していたことが影響を与えたのか──このような報道が連日のように行われていたことは記憶に新しい。

 そもそも、かつて勤務していた法律事務所がニューヨークでの生活費を支援していることも報じられている。眞子さまの“婚約者”でなければ、こんな特別待遇はまずないだろう。

「黒田さんは社会人として立派な経歴を持ち、だからこそマスコミも書くことがたくさんあったのです。小室さんは社会人経験が浅いにしても、ずっと三菱東京UFJ銀行に勤務していたら、マスコミや世論の受け止めは違ったのではないでしょうか。そうでなくとも法律事務所に勤務しながら、日本の司法試験を目指していたら、どうだったでしょうか。残念ながら、小室さんには黒田さんのような堅実さが感じられません」(同・記者)


■司法試験の難易度


 マスコミから見ても、社会人になってからの小室さんは報道に値する要素が少ない。結局、大学時代に地元PR役の「海の王子」として活動していたことを記事にするしかなかったのだ。

 しかし、「海の王子」という過去も、世間はドン引き気味に受け止めたことは記憶に新しい。

「疑問だらけの経歴とはいえ、小室さんは眞子さまと結婚したいという意思を明らかにしたわけです。たとえ夫婦で働くにしても、それなりの収入がある仕事に就かなければならないのは当然でしょう。ところが、それが全く見えてこないわけです」(同・記者)

 読売新聞(電子版)は5月24日、「小室圭さん、ロースクールを修了…弁護士資格の試験を受験へ」の記事を配信した。

 いよいよ司法試験を受験するわけだが、法曹関係者が小室さんの将来を不安視するという記事は少なくない。

 英語のネイティブではない日本人にとって、現地の司法試験は決して簡単というわけではない。その上で、たとえ合格しても、ただでさえ競争の激しいアメリカの法曹界で、小室さんがどれだけ活躍できるかという問題も大きいようだ。


■黒田さんは出世


 AERA dot.は5月1日に配信した「眞子さまと小室さんのNY生活は家賃100万円、保育料60万円? 『宮内庁は就職世話しない』」の記事で、アメリカのような競争社会において外国人弁護士は不利だと指摘した。

 同じくらいの能力があるとして、ネイティブのアメリカ人弁護士と、外国人弁護士のどちらに仕事を依頼するのかというわけだ。実際のところ、ニューヨークで活動している外国人弁護士は司法書士に近い仕事内容が少なくないという。

 一方、堅実な黒田さんは都庁で順調に出世しているという。デイリー新潮は5月12日、「黒田清子さん夫『慶樹さん』が都庁で昇進 『小室圭さんと正反対』との指摘も」の記事を掲載した。

 文中では皇室ジャーナリストの神田秀一氏が黒田さんと小室さんを比較して、《人物像としては随分な違いがあるように感じます》と指摘している。改めて紹介させていただこう。

《小室さんは三菱東京UFJ銀行から法律事務所に転職し、そこから大学院に通ったかと思えば、突然外国に行くなど、度々方向転換をしています。キャリアがフラフラしているのもあり、ご結婚について国民の理解を得るのは難しいのではないでしょうか。一方の黒田さんは上司の話はよく聞き、後輩の面倒見も良いと聞きます。キャリアも一貫し、芯がしっかりしている。小室さんとは対照的です》

デイリー新潮取材班

2021年5月28日 掲載

関連記事(外部サイト)