菅首相の国際会議デビュー G7におけるファッション・チェック

菅首相の国際会議デビュー G7におけるファッション・チェック

オーバーサイズなのは一目瞭然

■両方の肩が2センチずつ大きいほど


 イギリス南西部のコーンウォールにおいて、6月11日から13日の日程で行われていたG7サミット(主要7か国首脳会議)が終わった。新型コロナウイルスの感染拡大以降、各国首脳が初めて対面で集った場であり、まとめられた首脳宣言には、中国の海洋進出に深刻な懸念の表明や途上国へのワクチン支援、そして東京オリ・パラ開催への支持などが盛り込まれた。菅義偉首相にとって国際会議デビューの場であり、全首脳から五輪への支持を取り付けたことに胸を張ったが、国内の一部ではスーツの着こなしに注目が集まっていた。たかがファッションというなかれ。ここからもトップの人間性が垣間見えるのだ――。

 ***

「日本のリーダーが国際会議に出席するたびに、スーツの着こなしがなっていないとか物足りないとか指摘をされますが、今回は特に良くなかったですね」

 と話すのは、ファッション・ブランド「オブジェ・スタンダール」のデザイナー、森健氏(55)だ。

「何よりもまず、ジャスト・サイズを選ぶというのが着こなしの要諦であり、その点、菅さんは首脳の中で最下位でした。これまでは英国のジョンソン首相と米国のトランプ前大統領が首脳の中では最下位争いをしてきました。ジョンソン首相は今回も褒められたものではありませんが、彼の場合は寝癖のついた髪型も含めてある種のスタイルとして受け入れられているところがありますね。トランプ前大統領は吊し(既製服)を着て、着こなしとか全く気にしていませんでしたが、その押し出しの強さで着こなしの拙さを問題化させなかったタイプでした。その意味では2人ともファッション・チェックの俎上にあげるには相応しくないかもしれません」

 菅首相と同じく国際会議デビューのイタリアのドラギ首相も、ジャスト・サイズには見えなかったが、

「確かにそうでしたが、菅さんの印象が強烈すぎました。両方の肩が2センチずつ大きいほどオーバーサイズだったのではないでしょうか」


■こういう場で選ぶべきは


 前首相の安倍晋三氏はブルックスブラザーズの既製服でまとめていたし、麻生太郎財務相は東京・青山の店にオーダーしている。

「オーダーなら自然とジャスト・サイズになりますが、吊しでも安倍さんのように自分の身体に合ったものを選び、調整することができるはずです。ジャスト・サイズを着るだけで菅さんの印象はずいぶん変わるでしょう。それと、気になったのは姿勢がすごく悪い点ですね。かなり『着こなし偏差値』を下げるきっかけになっています。靴のソールを見てみると、アウトライン側が目立って削れているかもしれません。その点、米国・バイデン大統領の姿勢の良さは際立っていました」

もともと日本人には着物がよく似あう。いっそ首相は着物を着る方が良いのでは、といった指摘もかねてからないわけではない。が、森氏によれば、着物は姿勢が良くない人には全く合わず、少なくとも菅首相が選択しなかったことは「正解」だという。

「今回のように、世界が注目する場所では模範のようなスタイルを見せて欲しかったと思います。こういう場で選ぶべきは、紺のスーツとネクタイ、そして白シャツ。靴はオックスフォードと呼ばれる内羽根のタイプの黒で、メダリオン(トウ部分などの飾り)がないフォーマルな印象のものにほぼ限られます。アンダーステイトメント、控えめな装いの美学ということで、それにぴったりハマっていたのは、欧州理事会のシャルル・ミシェル議長でした(メインの写真で言うと菅首相の左隣)。ジャケットから覗くシャツの長さなども絶妙ですね」

 そこへ行くと、カナダのトルドー首相はTPOをわきまえていなかったことになる。

「はい、トルドー首相は派手めのソックスを穿いて主張することがこれまでもありましたが、今回も明るめのグレーというスーツの色、柄のネクタイ、茶色の靴と場違いで軽薄さが目につきました」


■スタイリストをつけた竹下元首相


 実は森氏は、映画俳優・高倉健(享年83)の甥に当たる。健さんの妹の長男が森氏だ。健さんは伝えられる通り、ファッションにはうるさかったようで、

「メンズ・ファッションのルールにはとても厳格でした。ルールを知ったうえでどうアレンジするかというのを考えていくわけですね。ジャケットのVゾーン、ラペル幅や種類、肩幅、シャツのカラーの高さ、ネクタイの幅などメンズ・ファッションの世界は約束事が多くて、遊べる部分が少ないと。チーフの代わりにペンを挿したり時計で主張したりする姿勢についてはどうかなぁとこぼしていたことがありました」

 時計にも一家言あったのは有名で、

「G7みたいな場だと時計のバンドはレザー一択なんですね。メタルのバンドはふさわしくない。たとえロレックスでもそうで、“わかっていないやつが多いんだよね”と実際に言っていました」

 菅首相に話を戻そう。

「スタイリストや個人的なアドバイザーをつければ事足りるという考え方も確かにあり、実際、そういった人を付けている政治家はいますが、結構難しいところがあるんですね。竹下登元首相はある時にスタイリストをつけたことがあるのですが、政治家としてのオーラが失われ、むしろケバい感じになったと私には映りました。トレンドを盛り込もうとするとそういう逆効果が出やすいのです。そういうスタイリストなんかよりも、今回は外務省の職員のみならず大使も当然いるわけですから、ドレスコードについて面倒でもしっかり伝えるべきではなかったかと思うんですよ。もしかしたら菅さんのキャラに忖度したのでしょうか」


■散髪は高級理容室で


 菅首相は秋田のイチゴ農家出身を売りに、既得権益の打破を旗印に自民党総裁選を勝ち抜いて首相の座に就いた。その後、いわばエリート農家の出身であることや、既得権益の打破どころか既得権益とのべったり具合が、様々な報道で明らかになっていった。

 ある種の野暮ったさもアピールポイントだっただけに、着こなしの方も洗練されていくとツッコミ要素が出てきて、それはそれで面倒だと考える部分もあるのだろうか。

 最後に永田町関係者に聞くと、

「菅さんはファッションに頓着しないように映りますが、靴なんかも含めて良いものを知らないわけではないんです。キャピトル東急内にある高級理容室を使っていたりして、見た目をないがしろにしているわけではありません。そこでは一番安いコースでも、髭剃りも加えると1万4520円。元は1000円カットのQBハウスで切っていた野田佳彦元首相もこのヘアサロンに行き着きました。40平米くらいと結構な広さの完全個室にポツンと椅子が置いてあって、担当者と2人きりでケアしてもらえます。まぁこちらは、なかなか一人きりになれない中でほっと一息つける数少ない場所とうことなのかもしれません」

デイリー新潮取材班

2021年6月15日 掲載

関連記事(外部サイト)