都議選応援で大人気「安倍前首相」 総選挙後に「菅退陣」で再々登板も現実味

安倍晋三前首相が都議選応援で大人気 菅義偉首相が退陣したら再々登板する可能性

記事まとめ

  • 菅義偉首相が総選挙で議席をかなり減らせば総辞職は不可避となるらしい
  • 安倍晋三前首相が都議選応援で大人気で、『ネクスト菅』の有力候補になりうるという
  • 一方、岸田文雄氏、加藤勝信官房長官、茂木敏充外相は国民的な人気が全くないらしい

都議選応援で大人気「安倍前首相」 総選挙後に「菅退陣」で再々登板も現実味

都議選応援で大人気「安倍前首相」 総選挙後に「菅退陣」で再々登板も現実味

待望論が盛り上がりつつある

■総裁選のボーダーラインと「ネクスト菅」


 ワクチン接種が進み、東京オリンピック・パラリンピックでの熱狂に国民の目を釘付けにすれば、これまでの失政への冷たい視線を和らぐだろう。そこで解散総選挙に持ち込めば自民党総裁選はナシになって、晴れて本格政権に持ち込める……。そんな青写真を描くのが菅義偉首相だが、総選挙で議席をかなり減らせば総辞職は不可避となって総裁選への出馬を余儀なくされる。永田町ではそのボーダーラインと「ネクスト菅」を探る動きが始まっており、有力な候補として安倍晋三前首相の名が上がり始めている。

「9月9日に臨時国会を召集して冒頭で衆院を解散、投開票は10月3日になるとか、9月16日解散で10月10日投開票といったスケジュールが取りざたされています。いずれにせよ、自民党総裁選前のタイミングになるはずです」

 と政治部デスク。

「現在の自公の勢力は306。選挙でそれ以上議席数を伸ばすことはまずできないでしょうが、勝敗ラインとして『30減』までは許容されるのではないかという見方が出ています。これは、衆議院のすべての常任委員会で委員長ポストを独占し、かつ各委員会で過半数の委員を与党が確保できる状態を指す「絶対安定多数」のレベルにあります。ただ、これが『35減』になると、“菅さんでいいのか、続けさせるべきではない?”といった声が上がる可能性があります。となると、菅政権は退陣し、自民党総裁選が始まることになります」


■岸田氏の不人気


 総裁選は国政選挙と違って、金銭の授受を取り締まる法律が厳密にはないから、札束が飛び交う「仁義なき戦い」だ。いささか古いたとえになるが、総裁選は候補2派からカネをもらう議員が「ニッカ」、3重取りは「サントリー」、全陣営からの場合は「オールドパー」と呼ばれるなど、「ザ・金権選挙」となってきた。現代でもカネの部分はともかく、派閥の論理むき出しの「はないちもんめ」「仲間外れ」が平然と行われる。

 ここからは、菅首相が総選挙で勝敗ラインを勝ち取れずに退陣を表明し、後継候補を総裁選で選ぶことになったと仮定して話を進めよう。現時点での各派閥勢力は以下の通りだ。

・細田派96 派閥ボス:細田博之元官房長官
・麻生派55 同:麻生太郎財務相
・竹下派52 同:竹下亘元総務会長
・岸田派47 同:岸田文雄元政調会長
・二階派47 同:不在
・石破派17 同:不在
・石原派10 同:石原伸晃元幹事長
・無派閥63
・計335

「総裁選には地方の声をより多く盛り込む選挙のやり方もありますが、今回はそれを排除し、純粋に議員票だけで見てみましょう。安倍さんが所属する細田派と麻生さんの麻生派は2人の盟友関係から基本的には一枚岩で、それだけで全議員の45%を占めます。そこに岸田派を加えれば過半数を取ってしまう。後継候補として岸田さんでまとまるなら話が早いということになるでしょう」

 しかし、コトはそう単純に進まない部分がある。かねて指摘されてきた岸田氏の不人気だ。


■萩生田文科相と河野ワクチン担当相


「総裁選が近づくと、“次の総理総裁にふさわしいのは誰?”というアンケートが行われますが、決まって岸田さんは最下位争いをしてしまいます。国民的人気がないということですから、せっかく総裁・首相に選んでも早晩、政権が頓挫しかねないとなると、『岸田回避』という動きが出てくることになるでしょう」

 とはいえ、細田、麻生両派が自派から出してまとまる候補がいるというわけではないから、こちらも話は単純ではない。

「細田派の候補でいうと第一は萩生田(光一)文科相ということになりますが、57歳と若く派内がまとまるのは難しそう。麻生派でいうと河野(太郎)ワクチン担当相ですが、安倍さんは河野さんを嫌っているし、そもそも麻生派内にもアンチ河野がいて、とてもまとまるとは思えません。ということで、派閥外から候補を探ることになるわけです」

 そこで候補となりそうなのが、加藤勝信官房長官、茂木敏充外相。いずれも竹下派所属だ。

「二人とも“政治家になったからには総理総裁を目指さないということはない”と、まぁまどろっこしい言い方ですが、意欲は十分。第3派閥ですから、上位2派閥の支持を得なければ総裁選当選はもちろん、その後の政権運営は不安定になる。加藤さんの義母・睦子さんは安倍さんの母・洋子さんと昵懇で、勝信氏を首相にという思いを伝えてきました。茂木さんはと言うと、“冷たい”とか“怖い、パワハラ気味”といった評価を払拭するため、派内の若手に積極的に声をかけ、親身に相談に乗ってきたと言われています」

 加藤氏には二階派からもアプローチがあるという。では、この2人のどちらかで決まりかというと、さにあらず。


■自身の人気を改めて認識している


「岸田さん同様、“次の総理総裁にふさわしいのは誰?”を聞いて回ると、2人は上位には出てこない。国民的な人気が全くないのです。決定力を欠く3人を尻目にジリジリ存在感を高めているのが安倍さんです」

 昨年9月に突如、病気を理由に首相の座を退いた安倍氏。その後、主催した「桜を見る会」前夜祭を巡る収支が安倍氏の関連政治団体の政治資金収支報告書に記載されていない問題で、東京地検特捜部による捜査を受けた。安倍氏は嫌疑不十分で不起訴処分、前夜祭を主催した政治団体代表の公設第1秘書が政治資金規正法違反(不記載)罪で略式起訴された。

「安倍さんの不起訴は不当だということで検察審査会に審査が申し立てられていますが、安倍さんは年明け以降、政治活動を再開させてきました。7月4日に投開票となる都議選では応援要請が相次ぎ、実際、多くの聴衆が詰め掛け、その反応はすこぶる良いようです。安倍さんは首相時代、演説の際に熱狂的な応援の一方で侮蔑の視線も数多く浴びてきた経験があり、現役政治家として、応援演説の手応えを最もよく知る人物だと言っていい。その安倍さんが自身の人気を改めて認識しているということで、再々登板の可能性が日を追うごとに高まっていると見ています」

 総選挙で与党が35以上議席を減らすと、政局が起こって前首相が浮上してくるというシナリオは果たして……。

デイリー新潮取材班

2021年7月2日 掲載

関連記事(外部サイト)