竹下亘衆院議員が引退表明 「後継にDAIGO」はありうる?

竹下亘衆院議員が引退表明 後継候補に青木幹雄氏の長男を擁立し『竹下王国』消滅も

記事まとめ

  • 竹下亘衆院議員が引退を表明し、後継候補を巡って鍔迫り合いが起きているという
  • 青木幹雄氏の長男を擁立し、『竹下王国』から『青木王国』に変わる可能性もあるらしい
  • DAIGOにも熱い視線を注がれており、北川景子の選挙応援に期待する声も出ている

竹下亘衆院議員が引退表明 「後継にDAIGO」はありうる?

竹下亘衆院議員が引退表明 「後継にDAIGO」はありうる?

DAIGO

 あの「竹下王国」が消滅の危機か。自民党竹下派会長の竹下亘衆院議員(74)=島根2区=が8日、今期限りでの引退を表明。その後継候補を巡り、関係者の間で鍔迫り合いが起きている。

「ひとつ盛んに喧伝されている話があります」

 とは政治部デスク。

「亘氏と、今も永田町に睨みを利かせる元“参院のドン”こと青木幹雄氏(87)が相談を済ませ、青木氏の長男で参院議員の一彦氏(60)を次の総選挙で島根2区から擁立するというのです。一彦氏が鞍替えすれば、島根は“青木王国”へと看板が掛け替わるだけに、その既成事実化を狙った思惑含みの噂との見方もある」

 竹下登元首相の異母弟である亘氏は、登氏の秘書を経て2000年の衆院選で初当選。一方の青木幹雄氏も登氏の秘書から参院議員となり、引退後も参院竹下派に強い影響力をもつ。

 かくも存在感のある両雄の間で権力の移譲がそうたやすく運ぶのか、疑うムキは少なくない。それが証拠に、自民党島根県連の絲原徳康幹事長が言うには、

「候補者選びはまだ白紙。そもそも後継の選定は細田博之・県連会長に一任されており、細田さんから具体的な名前は一切挙がっていません。仮に一彦さんを立てるにしても、彼は前回19年の参院選で合区の『鳥取・島根選挙区』から当選していて、鳥取側との調整が必要になる。そんな簡単な話じゃありません」

 元県議もこう明かす。

「幹雄さん自身が“一彦を政治家としてまだまだ評価していない”と常々話しており、彼を推すことはないと思う。しかし亘さんの息子2人も政治家になる意思はないと聞く。そこで県連は地元県議からの擁立も考えているが、竹下でも青木でもない“第三の男”で容易に決着するものか」

 そこで“竹下ブランド”の維持にもなると熱い視線を注がれるのが、登氏の孫にあたる歌手でタレントのDAIGO(43)だ。

「彼の知名度なら選挙に不安なし。嫁で女優の北川景子ちゃんが選挙の応援に姿を見せてくれたりすれば、島根に注目が集まり、地域の活性化に繋がるとの期待まである」(県政関係者)

 だが問題は「都会育ちのDAIGO本人に選挙で田舎を走り回る気などない」との風評が地元に拡がっていること。亘氏の実弟の三郎氏にDAIGO擁立説について訊くと、

「それについてはコメントを差し控えさせて下さい」

 総選挙は秋までに必ずある。なのになお後継が定まらぬ現状は「王国」の意外な人材難の表れだった。

「週刊新潮」2021年7月22日号 掲載

関連記事(外部サイト)