五輪開幕式で際立つ天皇陛下の存在感 「バッハ」「菅」「橋本」に国民は嫌気がさして

五輪開幕式で際立つ天皇陛下の存在感 「バッハ」「菅」「橋本」に国民は嫌気がさして

開会宣言

■熟慮の価値


 7月23日の夜、東京五輪の開会式が国立競技場で行われた。大会名誉総裁を務める天皇陛下が開会を宣言されたが、これが反響を呼んでいる。

 ***

 非常にシンプルな文言だった。「私は、ここに、第32回近代オリンピアードを記念する、東京大会の開会を宣言します」──読点を入れても僅か39文字。担当記者が言う。

「文言はIOCが定めたオリンピック憲章で“定型”が決まっています。原文は英文と仏文で、JOCの公式サイトに掲載された日本語訳は『第32回近代オリンピアードを祝う』でした。天皇陛下は『祝う』を『記念する』に変更され、大きく報道されました」

 メディアは「『祝う』の言葉では、天皇陛下がコロナ禍での五輪開催を祝福していると誤解を招く」ことを宮内庁などが懸念したと伝えた。

「専門家の間では、文言を変えた是非などについて詳細な議論が行われていますが、世間一般は、この点に関してほとんど関心はないようです。ネット上では、『天皇陛下が宣言を行われる間、菅首相と小池都知事が着席しており、しばらくすると慌てて立った』ことが、問題視されています」(同・記者)

 そんな仲、「天皇陛下の短い宣言に心を打たれた」という意見も多かった。

 例えばTwitterなら、《天皇陛下の短くも重みのある開会宣言が印象的でした》、《話が短い順に評価が高い》という具合だ。


■3代で開催宣言


「宣言は基本形があるわけですが、組織委の橋本会長と、IOCのトーマス・バッハ会長のスピーチが長すぎたということでしょう。日本では否定的に報じられました。時事通信は『自己陶酔と正当化の20分 開会式の会長あいさつ〔五輪〕』という記事を配信。記者の署名原稿で、《天皇陛下をお待たせしたまま、2人合わせて20分間に及んだ》と手厳しい指摘でした」(同・記者)

 天皇陛下の宣言は39文字と紹介した。2人のスピーチも文字数を数えてみよう。橋本会長は約1300字で、バッハ会長は約2700字。陛下と比較すれば、約33倍と約69倍。確かに「長い」と苦情が出て当然だろう。

 皇室ジャーナリストの神田秀一氏は、1964年の東京五輪で「天皇陛下の真下」にいたという。当時、神田氏はNETテレビ(現・テレビ朝日)の社員だった。

「昭和天皇が全く緊張しておられなかったことを、鮮明に憶えています。上皇陛下は1998年に長野オリンピックで開会宣言を行われました。祖父、父、息子の3世代で開会宣言を行われたことになります。それぞれ個性をお持ちでいらっしゃいます。とはいえ、やはり歴代の天皇陛下の立ち居振る舞いには、ある種の共通点があることに改めて気づかされます」


■天皇の“帝王学”


 国家元首は選挙で選ばれるケースが多い。アメリカ大統領は言うに及ばず、日本の総理大臣も選挙で選ばれた国会議員から選出される。政治家によって個性があり、その個性を有権者が評価する。

 むろん、天皇陛下は選挙とは無縁の存在だ。「国民統合の象徴」として存続していくことが求められる。伝統的な皇室のイメージと異なるような個性を出してしまうと、尊厳が失われてしまう危険性さえある。

「とはいえ、あまりに没個性でも問題です。国民は天皇陛下に威厳や品格のような特殊性も期待しているからです。天皇陛下は、国会の開会式、全国植樹祭、国民体育大会といった場でお言葉を述べられます。伝統を守り抑制的でありながら、国民にしっかりメッセージを伝える必要があるわけです。矛盾していることは言うまでもなく、やはりご苦労があるのではないでしょうか」(前出の記者)

 そこで焦点になるのが“帝王学”だという。

「特に重要な舞台になるのは、天皇陛下と皇太子さまが一緒に食事をされる時です。代々の天皇陛下は常に、『天皇とは一体、何なのか』を考え続けていると言っても過言ではありません。天皇家が国民と共に歩むためにはどうすればいいのか、折に触れて、天皇陛下は皇太子に伝えられるのです」(前出の神田氏)


■推敲に推敲


 まさに“伝統の力”というわけだろう。そして今回の場合は、コロナ禍もあった。天皇陛下は宣言について、まさに熟慮に熟慮を重ねてきた。

「東京五輪が決まったのは2013年。上皇さまの退位前でしたが、この瞬間から天皇家は準備をお始めになったと思います。コロナ禍が起きてからは特に、いつにも増して天皇陛下はありとあらゆる情報をお集めになりました。そして宣言の文面をどうすべきか、どういうトーンで読み上げるべきか、表情や口調に至るまで、練りに練り上げられたのではないかと思っています」(同・神田氏)

 推敲に推敲を重ねれば、表現は研ぎすまされてくる。冗長な部分がなくなり、人の心に飛び込んでくるようになる。

「橋本会長やバッハ会長のスピーチに、推敲の要素を感じることは難しかったですね。『あの3分の1の長さでいい』と思った視聴者も多かったのではないでしょうか。天皇陛下が読まれた宣言は、その大多数が決まっているものでした。しかし、陛下が時間をかけて、熟慮に熟慮を重ねたからこそ、多くの人が感動したのだと思います」(同・神田氏)

デイリー新潮取材班

2021年7月25日 掲載

関連記事(外部サイト)