横浜市長選、小此木八郎氏が敗北すれば“菅降ろし”に直結 世論調査では山中元教授がリード

横浜市長選、小此木八郎氏が敗北すれば“菅降ろし”に直結 世論調査では山中元教授がリード

小此木八郎氏

 候補者8人が乱立することになった横浜市長選挙。今月22日の投開票に向け、本命視されるのはこの3人。現職の林文子氏(75)、国家公安委員長を辞して出馬した小此木八郎氏(56)、そして、コロナ禍のワイドショーで引っ張りだこだった元横浜市立大学教授の山中竹春氏(48)である。

 この乱戦、当初の下馬評では、小此木氏優勢との見方がもっぱらだった。

「菅義偉総理の盟友ながら、争点になっていたIR誘致を封印。これでIR反対を打ち出す山中氏の独自色を殺した。さらに自民党横浜市議団の大半の支持を得て、林市長の動きも封じたかに見えました」(政治部記者)

 ところが告示後、その見立ては早々に崩れ去る。

「最初の週に行われた期日前投票の出口調査で山中氏が小此木氏をリード。マスコミや政党の世論調査でも両者は横並びか、場合によっては山中氏が10ポイント近く差をつける結果がでていたのです」(同)

 突然吹いた“山中旋風”。多くの関係者がこの結果に驚いたのは、山中陣営とて一枚岩ではなかったからだ。

「山中氏は共産党の支援も受けていますが、推薦する立憲民主党の支持母体である連合は、共産党との共闘に未だに反発している。さらに横浜市政に影響力を持つ藤木企業の藤木幸夫会長が山中氏支持を表明していますが、額面通りに受け取る向きは少ないんです。藤木氏と小此木氏との関係は深く、どちらが勝ってもいいように、山中氏に唾をつけているだけだろうと」(同)

 では、この旋風の正体は一体、何なのか。

 ある市政関係者は、

「横浜は菅総理の地元とはいえ、睨みが利くのは彼の選挙区がある南部だけ。そのお膝元ですら、自民党横浜市議団の一部が“今さらカジノ誘致を止められない”と林陣営についてしまった。しかも、その中には菅事務所の秘書出身の市議も含まれるといいます。つまり、菅総理の威光も虚しく、保守分裂の漁夫の利を山中氏が得た形なんです」

 さらにこんな要因も。

「選挙のたびに客寄せパンダとして活躍する小泉進次郎環境相も神奈川県連。ただ、彼の演説は“密”を生むためコロナ禍では逆効果です。小泉氏の遊説日程も満足に組めず、小此木陣営は歯ぎしりしている」(同)

 市長選での敗北は“菅降ろし”に直結するといい、

「菅総理のもとで総選挙は戦えないとの声が党内に満ち、“総選挙での勝利後、総裁に再選”という菅総理の夢のシナリオはますます遠のく」(先の記者)

「週刊新潮」2021年8月26日号 掲載

関連記事(外部サイト)