「オレを戦犯にしろ」 終戦後「東久邇宮内閣」を生んだ「石原莞爾」最期の日々

「オレを戦犯にしろ」 終戦後「東久邇宮内閣」を生んだ「石原莞爾」最期の日々

石原莞爾

 関東軍作戦参謀として満洲事変を引き起こす一方、東条英機との確執で現役から退かされた石原莞爾。終戦間際にはいち早く東久邇宮内閣成立を画策し、戦犯から外された東京裁判では、尋問で米側を一喝する気概も見せた。作家の早瀬利之氏が、晩年の石原の実像に迫る。

 ***

『世界最終戦論』で知られる石原は、終戦を郷里の山形県鶴岡で迎えた。満洲事変の後、参謀本部時代には中国戦線の不拡大方針を唱え、1937年9月には参謀副長として関東軍へ左遷される。が、上官である参謀長の東条とはことごとく対立した。40年7月には、第2次近衛内閣で陸相に就いた東条が進める「北守南進」に公然と反対し、太平洋戦争開戦前の41年3月、石原は予備役へと追いやられる。まもなく職を得た立命館大学も、東条の圧力により同年秋に辞職。以後は鶴岡で借家住まい、向かいの家から毎日、特別高等警察(特高)に監視されながらも、わずか月300円の恩給生活を送っていた。

 日本の敗戦を知らされたのは、玉音放送2日前の45年8月13日朝。千葉聯隊区戦車聯隊長の吉住菊治少佐からの報告だった。石原と同郷の吉住はその前日、市ヶ谷台の大本営で「ポツダム宣言受諾」を洩れ聞くと、直ちに夜行列車を乗り継ぎ、石原のもとへ。報告ののち、今後の指示を仰いでいる。

 後述するように石原は、前年9月、東久邇宮稔彦陸軍大将と「喧嘩別れ」していた。が、吉住の報に接し、時を得たとばかりに、

〈直ちに東久邇宮内閣をつくるよう、大本営に伝令してくれ〉

 そう告げている。吉住の手記『石原莞爾の遺言』の中には、石原のメッセージとして次の記述がある。

〈この敗戦は決して落胆するに及ばぬ。何となれば数年後に人類は、世界の最終戦によつて、始めて戦争を脱皮し、永久平和が実現する。敗戦により、軍備をすてた日本は、今こそ始めて世界に先んじて、人類次代の文化を創造し、全世界の模範となるべき大維新を断行する運命を与えられたのだ。しかしこの世界の大勢にたいする見透しと、新日本の向うべき目標をハツキリつかみ得ない者、特に血気の連中は、終戦のお詔勅が降るとドコまでも竹槍式の玉砕を叫んで反乱を起すだろうが、お前はその時、オレの世界最終戦の理論を説き、反乱軍の鎮撫に命をささげよ。それが軍人としての最後のお奉公だ〉(原文ママ)

 石原はそう諭しながら、

〈アメリカとロシアとの決戦には、必ず我国民が強制的に狩り出されるから、国民は全力をあげて断じて反対せよ〉(同、原文ママ)

 とも口にしていた。

 吉住は東京へ引き返すと、直ちに大本営に駆け込んで石原の構想を報告。作戦課長・服部卓四郎から石原の「子分」である参謀次長・河辺虎四郎に伝わったとみられ、河辺から木戸幸一内大臣の耳に入ると、木戸に代わり秘書官長の松平康昌が14日午後、麻布の家を空襲で爆撃され川崎の別荘に逃れていた東久邇宮と面談。和平交渉の経過やポツダム宣言受諾が御前会議で昭和天皇の聖断により決定された状況を説明したのち、こう伝えている。

〈木戸内大臣の考えでは鈴木(注・貫太郎)首相は近く総辞職をするかも知れない。その後任として、軍部を抑えて行ける自信のある人が重臣の中にはないから、この難局にあたって総理の大任を受ける人はないだろう。その時には、東久邇宮に総理になってもらわなければならないかも知れない〉(『東久邇日記 日本激動期の秘録』)

 ところが東久邇宮は、

〈私は政治家ではない。また、皇族で軍人という関係で、政治に干与することを禁じられていたので、政治に関してはなんらの経験もない。私は、皇族は政治に干与しない方がよいと考えている〉(同)

 と、いったんは固辞。それでも、石原の盟友で陸大同期の阿南惟幾陸相が自決したと聞かされると、心境は一変した。15日夜、再び松平が天皇の内意を伝えに川崎の別荘を訪れた。

〈阿南陸軍大臣が自決した結果、鈴木首相は本日内閣総辞職を決し、各大臣の辞表を陛下に奉呈した。(中略)天皇陛下は時局を非常に心配され、陛下のご内意は、鈴木内閣の後継を東久邇宮になさるお考えである〉(同)

 これに宮は、

〈この危機を突破しようという人がなく、また一般情勢がそんなに危険ならば考え直しましょう〉(同)

 そう応諾している。


■「大不忠の臣だ」と


 東久邇宮は16日に参内し、組閣の大命を拝した。緒方竹虎を書記官長(官房長官)に、朝日新聞論説委員だった太田照彦を首相秘書官とし、組閣本部を赤坂離宮に設置。こうして石原の念願だった「宮様内閣」は、ようやく実現をみたのである。

 事ここに至るまで“生みの親”たる石原は、無念の日々を重ねてきた。実は、まさしくこれが「三度目の正直」だったのだ。

 最初は1936年、二・二六事件の直後である。当時、陸軍では皇道派と統制派とが対立、これを一つにまとめられるのは東久邇宮中将しかいないと考えた石原は、反乱軍に東久邇宮首相案を示すが反対されてしまい、事件が収束すると川島義之陸相に「進退伺い」を提出、高田馬場の自宅に引き籠っている。

 2度目は44年9月26日。ドテラに下駄履きで鶴岡から上京した石原を『東久邇日記』はこう記している。

〈午前九時、石原莞爾来たる。石原の話、次のごとし。「現在の日本は軍人、官吏の横暴、腐敗その極に達し、中央はもちろん、地方の末端に行くほどはなはだしく(中略)大東亜戦争解決の第一歩は、重慶(注・蒋介石)との和平にある。これがためには、小磯内閣ではダメである。故に小磯内閣を倒し、東久邇宮内閣を組織し、三笠宮を支那派遣総軍司令官として、重慶と和平しなければならない。そうしなければ日本は滅亡するだろう」〉

 石原はその3日前、前出の太田や、のちに東久邇宮内閣で内閣参与に就く朝日新聞の田村真作と協議。小磯国昭を副首相にして宮を説得する肚を固め、26日の面談に臨んでいた。日記によると石原は、

〈あなたは陛下に、小磯をやめさせて、あなたが内閣を組織するよう申し上げなさい〉

 と、いきなり直球を投げている。驚いた宮は、

〈私はそんなヒットラーやムッソリーニみたいなことはできない〉

 そう返したのだが、石原はなおも、

〈いま国家が滅亡するかどうかという時に、皇族は重大な責任がある。もしあなたがいやというなら、あなたは日本はじまって以来の大不忠の臣である〉

 などと畳みかける。

〈たとえ大不忠の臣となっても、私はヒットラーのようなことはできない〉

 重ねて拒む宮。二人は33年、仙台で「東久邇宮第2師団長」「石原歩兵第4連隊長」という上官と部下という間柄であったのだが、固辞し続ける宮に石原はしびれを切らし、

〈それでは、私はもう一生あなたのような人にはお目にかからない〉

 そう言い捨てて辞去。東久邇宮は同日の日記に、

〈私に向って「不忠の臣」などといったのは、石原ぐらいのものである〉

 と記している。そうした過程をへて、石原の宿願は成就したわけである。


■特高も教えを請う


 8月16日、参内を終えた東久邇宮のもと、書記官長の緒方と首相秘書官の太田を中心に組閣が始まった。二人は阿南陸相の後任に石原を推し、同日午後3時頃、隣家の家主に電話を入れて呼び出す。太田は就任を要請するが、石原は「膀胱ガンの持病でつとまらない」と謝絶。あわせて閣僚人事案を請う太田に、石原はこう告げている。

〈外相には吉田茂、蔵相は津島留任、運輸は小日山直登、内務大臣は三上卓(五・一五事件の首謀者)。内閣顧問に朝日の常務鈴木文四郎、キリスト教徒の賀川豊彦、同盟通信の松本重治、作家の大佛次郎らを〉

 ちょうどこの日の午後、京都第16師団長時代の部下だった久保友雄が石原を訪ねていた。電話の呼び出しから戻ってきた石原の様子を、久保は後年『敗戦時の思い出』という手記でこう記している。

〈東久邇宮内閣に入閣の話だったが、お断わりしてきた、と例によって淡々とした口ぶりだった〉

 また吉住が敗戦を伝えに来た翌日の14日朝、今度は山形県警察部特高課長の堀田政孝が石原を訪ねている。

 堀田は同年春、内務省より「石原逮捕」を命じられて県の特高課長として赴任し、4カ月が過ぎていた。本人の手記『木乃伊(みいら)取りが木乃伊に』では、すでに11日夜には無条件降伏決定の電報が県警に届いており、警察部長から、

〈近所には海軍の特攻隊基地や陸軍部隊がいる。これらが、石原サンを取りまいて蹶起でもしたら大変だ〉

 と言われ、夜中に車で鶴岡へ向かったとある。ところが、カスリの浴衣で現れた石原に、

〈戦さに敗けたんだろう〉

 と先手を打たれてしまう。そこで堀田が敗戦後の日本がとるべき処置と「見透し」を訊くと、石原はこう答えたという。

〈国体護持の絶対肝要なこと、精神力で立ち上るべきこと、パンパンや占領で一応事態は混乱するであろうこと、併し悲観するには及ばぬ、その敗戦のドン底から立ち上ることによって新日本が生れること、米ソは必ず衝突すること〉

 あまりに明快な説明に感心した堀田は、この内容をつぶさに報告。本省はガリ版刷りで全国の特高に配布した。手記には、こうある。

〈このガリ版刷りで、特高関係は勿論全国府県当局が落着きを得たといつても過言ではないでしょう〉


■陛下に望まれても


 一方、石原に陸相就任を断わられた東久邇宮は8月19日、内閣参与の田村と石原の盟友・木村武雄を鶴岡に遣わし、説得を試みた。急いだ理由は昭和天皇が、

〈石原莞爾を内閣顧問に〉(『木戸幸一日記』)と望まれたからである。田村は、

〈東久邇宮さまがお召しです。(副総理格で無任所大臣に就いた)近衛(文麿)さんも会いたがっているということです〉

 と懇願するのだが、石原は近衛の名を聞いた途端、顔色を変えた。近衛には37年夏に石原が設定した蒋介石との和睦会談を、さらに41年にはルーズベルトとのハワイ会談をそれぞれ直前でキャンセルされるなど2度にわたって裏切られており、大きな不信感を抱いていたのだ。

 石原は毒気を含んで、こう口にした。

〈人にものを聞きたいというのであれば、聞きたい方が来るのが道というものだ。近衛は家柄かも知れないが、国事の相談には階級はない。その上こちらは病いでもあり、年齢から言えば私が先輩である。(中略)しかし殿下(東久邇宮)に対しては自ら臣子の道があり、参らねばならぬと思っている。何分にもこの状態なので御無礼をしている〉

 これを受け、さっそく東京までの切符を手配しようとした田村をよそに、

〈わしも敗戦日本の一国民だ。郵便車に藁を敷いてもらい座って行こう〉

 結局、石原が運輸相に推薦した小日山直登の計らいで2等車に乗って上京。前年9月に喧嘩別れした東久邇宮と8月23日朝、首相官邸で対面した。

 だが、今度は宮が石原に顧問就任を断わられてしまう。

 再び『東久邇日記』によれば、

〈「(略)官僚の息がかかることは絶対に避ける決心で、純民間人として働きたいから、内閣顧問のような地位は、真っ平ご免である」と、きっぱり断わった〉

 とあり、最後は東久邇宮から石原に「大不忠の臣だ」と投げ返している。

 この在京中、石原は「読売報知」「毎日新聞」のインタビューを受けている。読売報知は8月28日付で1面の半分を割き、13段の大囲みで大々的に報道。まず、敗戦の原因を問われた石原は、大略以下のように答えている。

〈最大の原因は国民道徳の驚くべき低下。道義、知性、勇気がなかったためだ。敗因の根本的探求を軍事・外交・科学・政治・経済・産業・道義などあらゆる角度から断行すべきである〉

 また、国民の今後の指標を聞かれると、

〈先ず総懺悔すること。大都市生活を諦め、この際速やかに大都会を解体する。そして徹底した簡素生活を断行する。大体今日の大都市は資本主義の親玉アメリカの模倣であり、自由主義経済と共に膨れ上がって発達したものだ。皮肉にも本家アメリカの爆撃で大体潰滅した。今後は幕末当時の領土の上に、その頃の二倍以上の民族が生きてゆかねばならぬ〉

 戦後政治の動向については、

〈首相宮殿下には、国民に対して建設的な言論結社の自由を要望している。官僚専制の打倒は目下の急務。これから世界一の民主主義国家になるべきだ〉

 さらには、自らが対峙してきた特高警察の廃止を訴えつつ、

〈政治憲兵も同然。思想、信仰は元来官憲が取締るべきではない。これは国民自身の取締によるべきだ。かかることの出来ぬ民族は自主独立なしえない〉

 そう喝破していたのだ。

 かように時代の転換期を“プロデュース”しながらも、石原の膀胱ガンは悪化、46年2月末には東京・飯田橋の逓信病院に入院・手術する。同年8月の退院まで約6カ月を過ごす間に、堀を隔てた市ヶ谷台の陸軍省大講堂では東京裁判が始まった。石原の部屋にも、のべ13人の検事や法務官が取調べにやってきた。

 石原は当初、29人の戦犯に名を連ねており、最初の尋問に現れたのは第12回執行委員会前日の3月13日、米軍のホナディ法務官だった。その後、4月8日の参与検事会議で真崎甚三郎、田村浩とともに戦犯から除外されたものの、引き続き板垣征四郎の証人として尋問を強いられている。


■「オレを戦犯にしろ」


 4月20日、米国の検事が突然、病室のドアを蹴って現れた。傍らには日系の通訳官。ベッドに横たわる石原に、

「証人尋問を開始する。お前は石原か?」

 そう質してきたので、

「ここには石原は一人しかいない」

 と惚(とぼ)けながら、

「オレは戦犯だ。なぜ逮捕しないか。裁判になったら何もかもぶちまけてやる。いいか。広島と長崎に原爆を落としたトルーマンこそ世界一級の戦犯だ!」

 などと、激しい剣幕で迫った。病人相手の尋問は容赦なく、板垣征四郎と橋本欣五郎との関係を訊いた検事は、石原が知らないと言うと、

「また明日くる。二人の関係をよく思い出して、明日返事できるようにしておけ」

 そう言い残し、ドアを開けて去ろうとした。すると、石原はベッドの中から一喝、

「待て! 今の話はなんだ! 知らないものを思い出せとはなんだ!」

 大声で怒鳴り上げると、驚いた検事は小さく謝って去って行ったという。

 そして翌日、取調べは軍人の法務官に替わり、出し抜けに石原は、

「私が参謀総長だったら日本は絶対に敗けなかった。君は敗戦国だから我々の膝下にも及びつかないだろう」

 と“先制攻撃”に出た。

「東条と意見が対立していた?」

 法務官がそう尋ねると石原は、

「違う。意見のない者と意見の対立などない」

 と、一言のもとに切り捨て、挙句、

「いいか、君のところのペリーこそ戦争犯罪人だ。あの世からペリーを連れてこい!」

 さらに法務官が、

「今度の戦犯の中で一体誰が第一級と思われるか?」

 と質すと、石原は声高に、

「それはトルーマンだ!」

 そう言い放ち、唖然とする法務官に石原は、見舞い客から貰った一枚のビラを取り出して見せながら、

「ここに、米国大統領就任に臨み、日本国民に告ぐとある。ルーズベルトが死んだ直後だから5月頃だ。これはアメリカ軍が飛行機から撒いた物だ。ビラには、もし日本国民が銃後において軍人と共に戦争に協力するならば、老人、子供、婦女子を問わず全部爆殺する、とトルーマンの名で書いている。知っているか」

 と突きつけた。首をかしげる法務官に、

「これは国際法違反だ。立派な証拠だ。B29で非戦闘員を爆撃し、広島と長崎に原爆を落としたではないか。オレは東京裁判で、これを話してやるから、オレを戦犯にしろ」

 そう一気にまくし立てたのである――。

 以上は、石原の主宰した「東亜連盟」東北婦人部長で、当時看病していた渕上千津から直に聞き取ったやり取りである。

 石原はその後、郷里に戻って療養につとめながらも、47年5月の東京裁判酒田臨時法廷に証人として出廷。49年春には肺炎を患い、病状はいっそう悪化。同年8月15日、60年の生涯を閉じている。

 没後72年、石原が嘆いた「国民道徳の低下」は、果たしていま改善されているのだろうか。

早瀬利之(はやせとしゆき)
作家。昭和15年、長崎県生まれ。昭和38年、鹿児島大卒。著書に『タイガー・モリと呼ばれた男』『石原莞爾 満州ふたたび』『敗戦、されど生きよ』などがある。

「週刊新潮」2021年8月12・19日号 掲載

関連記事(外部サイト)