小泉進次郎大臣「涙のぶら下がり会見」への違和感 なぜ菅会談の中身を暴露した?

小泉進次郎大臣「涙のぶら下がり会見」への違和感 なぜ菅会談の中身を暴露した?

小泉進次郎

■党内に激震


 小泉進次郎・環境相(40)が泣いた。「えっ!?」と驚いた人々……いや、「何やってんだよ」と呆れた有権者も多かったのではないだろうか。

 ***

 TBS NEWSは9月3日午後6時9分、「【速報】小泉環境相 菅首相に不出馬進言 涙ながらに語る」の記事を配信した。

《小泉環境大臣は「あらゆる選択肢を提案するのが支えるものの務め」として、出馬見送りも含めて進言していたことを明らかにしました》

 YAHOO!ニュースは午後6時17分、TBSの記事をトピックスに転載した。読者のコメントは1万件を超えており、関心の高さが伺える。

 更にTwitterで調べてみると、小泉環境相の涙には批判的な意見が多い。《田舎芝居》、《泣きたいのはこっちだよ》、《自己陶酔》──と散々だ。

 政治アナリストの伊藤惇夫氏は「基本的に政治家は、有権者の前で感情を露わにしてはいけないとされています」と指摘する。

「涙を浮かべる姿を見て、違和感を覚えた人も多かったのではないでしょうか。2011年7月には、当時の経産相だった海江田万里さん(72)が国会で進退について問われ、涙ぐんだことがありました。あの時も、批判的な意見が多かったですね」

 臭い三文芝居という辛辣な意見もSNSでは多い。伊藤氏も苦笑して言う。


■5日連続の面談


「何より発言内容が支離滅裂でした。小泉さんの発言は“ポエム”と揶揄されたことがありましたが、その後もあまり成長していません。『こんなに仕事をした政権が正当な評価を受けていない』と憤りながら、菅義偉首相(72)に自民党総裁選出馬の見送りを進言したというのです。一体、菅内閣を支持しているのか不支持なのか、どっちなんだと訊きたくもなります」

 結局のところ、小泉環境相は有権者に対して「自慢したかったのではないか」と見る。

「小泉さんは常々、『俺は凄いんだぞ』とアピールする癖があります。今回の涙も、『菅さんを下ろしたのは俺なんだぞ』と言いたかったのでしょう。そんな小泉さんの底の浅さ、軽薄さを、有権者はとっくに見透かしていると思います」(同・伊藤氏)

 新聞各紙が掲載する「首相動静」によると、小泉環境相は8月30日から9月3日まで、5日連続で菅首相と面談している。そして9月3日に涙を浮かべて「不出馬を進言した」と明かしたわけだ。

 小泉・菅の急接近は様々な憶測を呼んだ。日刊スポーツ(電子版)は9月2日、「異例 菅首相が4日連続で小泉環境相と会談 『相談相手』以上の存在か」との記事を配信した。


■「口外」の問題点


 記事は《ブレーンの少ない首相にとって、今や進次郎氏は「相談相手」以上になっているとの見方がある》と伝えた。

「あの5日間、菅さんが小泉さんと会うことを必要としていたのは間違いないでしょう。ほっと一息つけるような時間だったのかもしれません。ただ、小泉さんのキャリアなどを考えると、菅さんが相談を求めていたとは思えません。そもそも、どんなベテラン議員でも、派閥の領袖といった実力者でも、一国の最高権力者に対して『辞めろ』とか『続けろ』などと進言するのは不遜です。仮に助言を求められたとしても、その内容を口外しないのが社会人としての常識でしょう」(同・伊藤氏)

「俺って凄いでしょ」という小泉環境相のアピールは、菅首相の“側近”だと自ら演出したかったのかもしれない。

 だが、もしそうだとすると、あのぶら下がり会見はとんでもない「裏切り行為」となる可能性があるという。


■“親分”への裏切り?


「私は小泉さんが菅さんの側近だとは思っていません。しかし仮に、そうだとしましょう。そして、小泉さんが総裁選の出馬を見送るよう助言し、それを菅さんが受け入れたことも事実だとしてみましょう。ですが、それほど深い関係なら、親分のため黙って最後まで政権を支えてこそ側近ではないでしょうか。『辞めろと助言しました』などとマスコミの前で涙を流すのは、親分に対する裏切り行為と言われても仕方ありません」(同・伊藤氏)

 小泉環境相と菅首相は、もともと深いつながりがあったのは事実だ。政治担当記者が言う。

「小泉さんは神奈川11区、菅さんは神奈川2区から選出されているということもあり、菅さんは後輩の小泉さんを初当選の頃から可愛がっていました。2019年8月には滝川クリステルさん(43)との結婚が発表されましたが、これも官房長官だった菅さんへ挨拶に行くという形で報じられました」

 その翌月には、田中角栄以来の男性最年少38歳で環境相として初入閣を果たした。当時の首相は安倍晋三氏(66)だったが、入閣に際しては官房長官だった菅首相の後押しが大きかったという。

 さる自民党の代議士が、こんなエピソードを明かす。SNS上などでは人気が失墜している小泉環境相だが、永田町の中なら「進次郎さんは今でも、誰もが認める最年少の首相候補でしょう」と言う。


■「閣僚をやらずに……」


「進次郎さんを支援する若手議員も少なくありません。もっとも本人は、『自分は閣僚を経験せずに首相になるつもりだった』と言っていました。ですから、環境相に就任した時は、正直なところ『言っていることと、やっていることが違うじゃないか』と思いましたね」

 菅・小泉会談に話を戻すと、皮肉なことに、自民党の内部では“不穏な動き”と受け止められたという。

「菅さんが二階俊博幹事長(82)を交代させる考えを明らかにした時と、小泉さんと連日のように会っていた時期が重なります。党内では『小泉さんを幹事長に起用するのではないか』という話が流れ、誰からも『そんな見え見えの人気取りはやめてくれ』という声が上がりました」(同・代議士)

 自民党の幹事長と言えば、絶大な権力で知られる。カネを掌握し、党人事を手中に収める。選挙でも国会運営でも司令塔としてフル活動する。

 自民党が与党なら、あくまで総裁=首相がナンバー1であり、幹事長はナンバー2だ。とはいえ、首相=総裁を超える権勢を持つ場合も往々にしてある。


■党内で異論噴出


「小泉さんに知名度があることは否定しません。とはいえ、政治家としては未熟です。大臣としての評価も良くはありません。幹事長なんて無理ですよ。党内における疑問の声はたちまち菅さんに向かい、『菅さんを首相にしておくと、とんでもないことになるかもしれない』との不安が、党内を駆け巡りました」(同・代議士)

 小泉環境相の涙は、自身の評価を更に下げただけのようだ。

デイリー新潮取材班

2021年9月6日 掲載

関連記事(外部サイト)