「IR汚職」“無罪請負人”でも覆せず秋元被告に実刑判決 出馬に意欲示すも「当選見込みなし」

「IR汚職」“無罪請負人”でも覆せず秋元被告に実刑判決 出馬に意欲示すも「当選見込みなし」

有罪判決を受けても出馬すると宣言していた秋元司被告

 “無罪請負人”でもやはり難しかったか。9月7日、東京地裁は、IR(カジノを含む統合型リゾート)汚職事件で収賄と証人買収の罪に問われていた元自民党所属の衆院議員・秋元司被告(49)に懲役4年の実刑判決を言い渡した。先に贈賄側と証人買収事件の実行役の全員に有罪判決が下る絶体絶命の状況下でも、頑なに無罪を主張し続けてきた秋元被告。予告通り、本当に選挙に出るつもりなのか――。

 ***


■「300万円」の授受だけは強く否定


「なぜだか分からないが、本人は無罪にすごく自信を持っていた。300万円を渡されたという時間帯に、議員会館に絶対に行っていない、決定的な証拠があると言うんです」

 こう語るのは永田町の関係者である。

 秋元被告には、4回にわたって約760万円の賄賂を受け取った容疑がかけられていた。17年9月、IR参入を目指していた中国企業が沖縄県那覇市で開いたシンポジウムで、講演料の名目として振り込まれた200万円。同年同月、中国企業顧問から議員会館で手渡されたとされる300万円。同年12月、マカオ旅行に招待された際の、旅費や宿泊代、カジノで遊ぶチップなど計182万円の利益供与。翌18年2月、札幌市の観光会社を通じて北海道留寿都村に家族で旅行に招待された際の、旅費や宿泊代金など76万円相当の利益供与。以上の4 件である。

 そのなかで唯一、受け取っていないと自信を持って訴え続けてきたのが、議員会館で手渡されたという300万円だった。公判を傍聴し続けてきた記者が語る。

「逆に言えば、そのほかの容疑については振り込み記録などの証拠が残っており、言い逃れができない状況だったのです。それらについても、『便宜を図ってほしいという趣旨だとは思っていなかった』『秘書が支払っていたと思っていた』などと苦しい弁明を続けてきました」


■切り札の「スマホアプリ」


 弁護士を2度変えた秋元被告が、最後に頼ったのは“カミソリ”の異名を持つ弘中惇一郎氏。弘中氏といえば、かつては厚生労働省文書偽造事件で元局長、村木厚子氏の無罪判決を勝ち取るなど“無罪請負人”ともてはやされた名物弁護士として知られる。だが、2年前、弁護した日産自動車のカルロス・ゴーン被告の海外逃亡を許してからは、一転、評価を落とした。そんな弘中氏が300万円の授受を否定する切り札として持ち出したのが、「スマホアプリ」だった。

「歩数などを記録したスマホの『ヘルスケアアプリ』です。現金の授受があったとされる午後1時40分頃からしばらく歩いていた記録が残っていない、つまり議員会館には行っていないと主張したのです。ただし、弱い切り札でしたね。アプリがその時間帯、ちゃんと作動していなかった可能性は十分考えられます。判決では『作動原理・条件、正確性の程度が不明』などとして証拠能力は認められなかった。一方、贈賄側二人の証言は信用できるとして、300万円の授受は事実認定されました」(同)

 証人買収についても、秋元被告が主導したと認定。裁判長は「公人としての倫理観はおろかこの種の犯罪に関する最低限の順法精神すら欠如している」と厳しく指弾した。

「そもそも、授受がなかったというならば、こんなことする必要がないのです。弁護側の主張はことごとく退けられました。結局、弘中氏が頑張ったところと言えば、6回目の請求でようやく認められた今年6月の保釈くらいでしたね」(同)


■対抗馬は強敵


 2004年の鈴木宗男・元北海道開発庁長官以来17年ぶりとなる、現職国会議員の収賄罪による実刑判決。それでも秋元被告は控訴し、来たる衆院選に東京15区から立候補すると宣言している。果たして勝ち目はあるのか。

「可能性は限りなく低いでしょう。対抗馬の柿沢未途・衆議院議員は、父親の代から受け継いだ強固な後援会を持っています。前回こそ初めて秋元氏が勝ちましたが、その前の2回は負けている。しかも今回、秋元氏は無所属での出馬となりますから、比例復活はない。自民党を離党しながらも二階派の特別会員になっている秋元被告ですが、もう二階さんの求心力も落ちているし党の支援は得られません。逆に、かねてから自民党入りを希望している無所属の柿沢氏が、今回勝った後、入党するのではないかと言われています」(政治部記者)

 元通産大臣で自民党東京都連最高顧問の深谷隆司氏は、「潔く出馬を断念するべきではないか」と諭す。

「香典問題を抱えていた菅原一秀君も、先日、議員辞職したばかりです。ここまで党にも迷惑をかけて、有権者に不信感を与えてしまった以上、一度潔く身を引くのが政治家の道だと思う。かつて線香を配って公選法違反が問われた小野寺五典君も、一度辞職してから返り咲いた。もし自分は間違っていない、政治家として続けたいという信念があるならば、若いんだし、まずは禊を済ませてからにすべきでしょう」

 だが、秋元被告を知る人物は「彼はそんなタマではない」と言い切る。

「地盤も持たず、出身大学も大東文化大学で名門ではない。自民党の衆議院議員だった小林興起氏の秘書をやりながら、パチンコ業界に食い込むことで議員にのし上がった男です。政治はカネがかかってなんぼ、この程度の話のどこが問題なんだという考え方なのです。彼がここまで追い込まれながらも出馬に意欲を示すことができるのも、彼を応援する取り巻きが残っているから。事件後、妻は離婚してハワイに移り住んだのですが、現地の家の購入費を出したのは証人買収の実行者だった。秘書から地方議員にまでことごとく嫌われていた河井克行被告との違いは、そこにあります」

 控訴や立候補するにしても、まずは辞職し、最低限のけじめだけはつけて欲しい。

デイリー新潮取材班

2021年9月7日 掲載

関連記事(外部サイト)