高市早苗も野田聖子も元夫の自民党議員が推薦人集めに奔走 いずれも二階派という共通点

高市早苗も野田聖子も元夫の自民党議員が推薦人集めに奔走 いずれも二階派という共通点

野田聖子参議院議員、高市早苗前総務相

■永田町の美談?


 高市早苗前総務相(60)は9月8日に記者会見を開き、自民党総裁選に出馬することを表明した。週刊新潮(9月9日号)が掲載した特集記事「サプライズは『河野太郎』 『菅総理』が『二階切り』の生き残り“秘”策」に興味深い記述がある。

 ***

 ちなみに8月31日には、二階俊博幹事長(82)の交代が報じられた。また9月3日には、菅義偉首相(72)が総裁選への不出馬を発表した。週刊新潮の当該号が発売されたのは、ちょうどその間にあたる。

 この記事の中で、高市前総務相の元夫である山本拓衆議院議員(69)は、二階派に所属しているにもかかわらず、週刊新潮の取材に「高市前総務相を支持する」と明言したのだ。

 山本代議士は週刊新潮の記者に「総裁選の期日が決まった翌日、二階先生に直接お会いした上で、“高市を応援します”と伝えました」と経緯を説明した。記事から発言を引用しよう。

《二階先生は日頃から“地元の意見をよく聞け”と仰っている。その点、私の地元である福井県では“高市がいい”という声が大きい。彼女は地元の知事選や市長選にも応援に駆けつけてくれましたからね。また、地元の漁連関係者からは政府が進める原発処理水の海洋放出への批判が絶えない。そうした声を無視して、支持率が3割を切る総理への応援を党員に頼める状況ではありません》

 2004年、落選中だった高市前総務相に、バツイチの山本代議士がプロポーズ。一時期は永田町で“おしどり夫婦”と評判だった。


■「我慢の風船が破裂」


 なぜ離婚となったのか。こちらのいきさつも、週刊新潮が記事にした。17年8月3日号に「『突然夫から切り出され……』電撃離婚『高市早苗』別れ話の夜」の記事が掲載されている。

《「主人の我慢の風船が破裂したのでしょう……。とにかく私が至らなくて、鈍感だったということです」

 憔悴しきった様子でそう打ち明けるのは、高市女史ご当人である。》

 記事によると、高市前総務相は05年に政界復帰を果たした。その後、《内閣府特命担当相を皮切りに、自民党政調会長、総務相を歴任。農水副大臣を経験したのみの夫とはキャリアの濃淡がくっきり出てしまった》という。

 2人が暮らす議員宿舎で夕食が終わると、山本代議士が「ずっと我慢してきた」と告白。高市前総務相は「夫婦じゃなくなったら、あなたはもっと楽になれるんだよね」と自分から先に言ってしまったという。その後、離婚届に判を押した。


■野田聖子の“元夫”も奮闘中


 興味深いことに、2012年の総裁選では、高市前総務相は安倍晋三前首相(66)を、山本代議士は石破茂元幹事長(64)を推していたという。それから約9年の歳月が流れると、今度は元夫が元妻の総裁選出馬を応援しているのだ。

 自民党の女性代議士では、野田聖子幹事長代行(61)も総裁選への出馬に意欲を示している。

 現状は20人の推薦人を集められるか微妙なところだが、こちらも元夫の鶴保庸介参議院議員(54)が“元妻”のために奔走しているという。政治担当記者が言う。

「野田さんは2001年、鶴保参議院議員との事実婚を発表しました。ところが2007年に解消したことが明らかになったのです。それにしても、2人の元夫が支援に回るとは、驚くほどの偶然ですね。しかも鶴保議員も山本さんと同じ二階派なのです。二階派に所属する2人の“元夫”が、“元妻”が総裁選のため頑張っているわけです」

 事実婚による結婚を報じた当時の報道を振り返ると、鶴保議員が野田幹事長代行に「僕を“総理ハズバンド”にしてくれ」とプロポーズしたという。

「野田さんは、祖父が大物の自民党議員でした。そのこともあって、野田姓を変えずに政治家を続けることが必須条件だったと思います。鶴保さんも理解を示していたようですが、2人で不妊治療に挑戦すると、夫婦の溝が拡がったことは野田さんが著書『不器用』(朝日新聞社)などで明らかにしています」(同・記者)

 出馬を表明した高市前総務相はもちろん、野田代行も“元夫”に感謝しているのではないか。

デイリー新潮取材班

2021年9月10日 掲載

関連記事(外部サイト)