ネット民には人気「河野太郎」 旧知の政治解説者が語る「デジタル的感性」の長所と短所

ネット民には人気「河野太郎」 旧知の政治解説者が語る「デジタル的感性」の長所と短所

河野太郎氏

 河野太郎ワクチン担当相(58)は9月10日、自民党総裁選(17日告示・29日投開票)への出馬を表明した。

 ***

 産経新聞(電子版)は同日、「河野氏『脱原発』の持論封印 悲願成就へ現実路線」との記事を配信。YAHOO!ニュースのトピックスが転載した。政治担当記者が解説する。

「共同通信や、産経新聞とFNN(フジニュースネットワーク)が合同で行った世論調査で、河野さんは『次の総理にふさわしい』政治家としてトップに躍り出ました。有権者が注視しているのは間違いなく、総裁選の“台風の目”になると考えられています」

 河野大臣は「脱原発」や「女系天皇容認」など、大胆な改革志向で知られてきた。今回の出馬会見でも、過去の発言を問う質問が多かった。

 一方、これまで“人柄”や“性格”、“キャラクター”という観点の報道は少ないという特徴があるようだ。

「政治に関心のある有権者なら、総裁選に名乗りを挙げた高市早苗さん(60)は保守政治家とか、岸田文雄さん(64)なら宏池会なのでリベラルとか、何となくイメージが湧くと思います。ところが河野さんとなると、『どんな政治家だっけ?』という人は少なくありません。SNSでも『功績がない。あえて言うならハンコ?』と話題になったほどです(註1:末尾参照)」(同・記者)


■小6で見せた「正義感」


 政治解説者の篠原文也氏は、日本経済新聞社の政治部記者としてキャリアをスタートさせた。

 河野大臣の父親で、外相、副総理、衆議院議長などを歴任した河野洋平氏(84)は、まさに“夜討ち・朝駆け”の対象。自宅の出入りを許されるなど信頼され、記者として長年にわたって洋平氏に接し続けてきた。

 そんな経緯もあり、篠原氏は『文藝春秋オピニオン 2020年の論点100』(文藝春秋)で「ポスト安倍に急浮上 河野太郎『河野家三代の悲願』」の記事も執筆している。

 篠原氏に、河野大臣の“人柄”について取材を依頼した。すると、太郎氏が小学校6年生だった時のエピソードから披露してくれた。

「『論点100』にも書きましたが、河野洋平さんに誘われて那須の牧場を訪ねました。夜、別荘でトランプゲームを楽しんだのですが、太郎さんが私のカードの出し方はおかしいと言いだしたんです。『篠原のおじちゃん』と呼ばれたので、『お兄ちゃんと呼べ』と言い返しました(笑)。そのやり取りを通じて、太郎くんの観察力、正義感、年上の記者にも臆することなく物を言う度胸の良さが、今も強い印象となって残っています」


■“アマチュア”の実力


 菅義偉首相(72)の不人気で、自民党の支持率は急落している。総選挙を前に、党内では2001年の総裁選で起きた“小泉旋風”の再来を期待する声もある。

「太郎さんは総理総裁を明確な目標としてきました。初当選は1996年。小泉純一郎さん(79)が『自民党をぶっ壊す』と宣言し、党員・党友の枠を超えて国民的人気を得た時の記憶も鮮明でしょう。“河野旋風”を起こすことが勝利への近道という意識は、あって当然だと思います」(同・篠原氏)

 追い風はある。河野大臣の公式Twitterはフォロワー数が240万人を超える(9月12日現在。以下同)。これは政治家としては非常に多い。

 比較してみると、例えば安倍晋三前首相(66)の約227万人も上回る。発信力の高さで知られる小池百合子都知事(69)でも約92万人に過ぎない。

「発信力と突破力は、永田町でもトップクラスでしょう。若い有権者に支持層が多いことも期待されています。政治に強い関心を持っていたり、実際に政治家を間近で見たりしているような“プロ”の有権者ではなく、無党派層を筆頭とする“アマチュア”の有権者に人気があるとも言えます。太郎さんも人気の源泉はよく分かっているでしょう」(同・篠原氏)


■生体肝移植


 河野大臣は、いわゆる“永田町の色”に染まらないことで、有権者の支持を得てきたと言える。

 父親の洋平氏は、党きってのハト派として知られた。従軍慰安婦問題に関連し、自身が官房長官だった1993年に「河野談話」を発表した。少なくとも政治家としては穏やかな人柄というイメージがあった。

 これに対し、河野大臣は歯に衣着せない発言で知られる。改革志向ということもあり、攻撃的な政治姿勢というイメージを持つ有権者もいるだろう。だが篠原氏は、「太郎さんと洋平さんは、かなり似ています」と指摘する。

「確かに父親は闘志を表にせず、息子は闘志を前面に出すタイプではあります。しかし、自分の信念を曲げない一徹なところは、父子の根本的な共通点でしょう。そもそも2人は仲の良い親子として知られています。例えば2002年、洋平さんに生体肝移植が行われた際、太郎さんがドナーとなりました。肝移植にはリスクがあります。洋平さんは最初、子供からの提供には反対していました。ところが太郎さんは『自分が提供する』と強い意思を示したのです」(同・篠原氏)

 似たところもあれば、むろん、違うところもある。特に洋平氏の場合、政治家としては苦労の連続だった。


■デジタル型の太郎氏


 70年代の自民党が“金権政治”だったことなどを強く批判し、76年に自民党を離党して新自由クラブを立ち上げた。

 83年に自民党と新自由クラブが連立政権を組んだことなどを契機とし、86年には自民党に復党を果たす。93年に自民党が下野すると、総裁に就任した。

「洋平さんは翌年、自社さ連立政権の誕生に関わり、自民党を政権与党に復帰させました。しかし、首相になることはできなかった。1995年の総裁選では出馬を辞退したため、新たな総理総裁となったのは橋本龍太郎さん(1937〜2006)でした」(同・篠原氏)

 2009年から12年まで総裁を務めた谷垣禎一氏(76)が登場するまで、洋平氏は「首相になれなかった唯一の自民党総裁」だったのだ。

「苦労を重ねてきたからでしょう、洋平さんの人に対する気配りや目配りは細やかなものがあります。一方の太郎さんは理知的な性格で、いわばデジタル型です。アナログ的な調整や根回しを苦手にするところがあります。政治の世界は理屈だけでは動きません。人間関係といったアナログ的な面も大きいのです。パワハラ報道もあったように、怒りっぽいのも玉にきずでしょう。首相という仕事には、精神面で安定している必要があります。太郎さんの課題と言っていいでしょうね」(同・篠原氏)


■菅・麻生の“サポート”


 河野大臣と小泉元首相は、自民党における“異端児”という点では似たところがある。とはいえ、元首相のような“変人”キャラかと言えば、そうでもないようだ。

 意外に思う向きもあるかもしれないが、河野大臣は大物政治家に可愛がられてきたという特徴もある。

「初当選を果たした時から、菅首相は太郎さんの存在に注目していたそうです。2人とも96年に初当選を果たした同期でもあります。菅さんは『同期から総理総裁が出るとしたら彼だ』と言っていました。太郎さんが防衛相や外務相という要職を歴任したのも、菅さんの後押しがあったからです」(同・篠原氏)

 そしてもう一人が、派閥の長を務める麻生太郎財務相(80)だ。

「麻生さんは1999年、所属していた宏池会(註:現在は岸田派)を離脱し、洋平さんをリーダーとする大勇会(註:マスコミは「河野グループ」と呼称)の旗揚げに参加します。麻生さんにとって洋平さんは政治の師にあたるため、その息子である太郎さんのことは非常に目をかけていました」(同・篠原氏)

 総裁選への出馬をめぐり、河野大臣と麻生大臣の意見が異なったという報道もあった。


■祖父の悲劇


「確かに、今を勝負所と見るかどうかについては、見解の相違もあったようです。ただ、これで2人の関係が水泡に帰すなどということはありません」(同・篠原氏)

 今後も麻生大臣との“師弟関係”は変わらないという。

 もし河野大臣が総裁選に勝利し、首相の座を勝ち取ったとする。有権者が高く評価する可能性が高いのは、彼の“英語力”だという。

「慶應大学を2か月で退学して渡米、アメリカ・ワシントンD.C.のジョージタウン大学を卒業しました。現地では下院議員のインターンも務めるなど、政治活動の経験も積みました。外務省の関係者によると、その英語力は折り紙付きだそうです。『歴代首相なら、宮澤喜一(1919〜2007)、吉田茂(1878〜1967)に匹敵する』という指摘も耳にしました」(同・篠原氏)

 日米首脳会談で通訳を交えず流暢な英語で挨拶を交わす──確かにこんな場面がニュースで流されれば、内閣支持率は上昇しそうに思える。

「太郎さんの祖父にあたる河野一郎(1898〜1965)も、国民的な人気を誇る政治家でした。1964年に当時の池田勇人首相(1899〜1965)が健康を理由に退陣すると、後継候補とも報じられました」(同・篠原氏)


■“眞紀子”の不在


 ところが池田首相は、後継に佐藤栄作(1901〜1975)を指名する。

「一郎さんは捲土重来を期しますが、翌65年に大動脈瘤破裂で急死してしまうのです」(同・篠原氏)

 首相の座は、まさに河野家三代の悲願である。そして河野大臣が、最も総理総裁に近づいていると言えそうだ。

「かつて私はテレビ番組のキャスターを務めたことがあるのですが、その際、番組の取材班が太郎くんの追っかけをしたことがあるんです。秘書も連れず、自分でマイクと幟を持って、駅前で演説していました。非常に新鮮な印象を受けましたが、『こんなことをしていて、永田町でのしていけるのか』と不安にも思ったものです。しかし今となっては、ああいう“アマチュア”的な姿勢が有権者から注目され、時代の追い風が吹いていることが分かります」(同・篠原氏)

“河野旋風”への期待が高まるのも当然というわけだが、篠原氏は「党員・党友が過度に期待すると、太郎さんも困るかもしれません」と指摘する。

「小泉旋風が巻き起こった大きな理由の1つに、田中眞紀子さん(77)が全面的に支援。いわゆる“眞紀子節”が炸裂したことがあります」(同・篠原氏)


■闘志を封印!?


「今のところ、太郎さんに眞紀子さんほど強力な応援団は見当たりません。また、小泉さんほど党の主流派を敵視する戦略は採らないでしょう。党内の広範な支持を得るため、太郎さんらしい闘志を薄めて総裁選に臨むことになりそうです。これが吉と出るか凶と出るか、今後の注目点だと思います」(同・篠原氏)

註1:「“河野太郎人気”に陰り ネット空間で功績問う声続出『何やったっけ?』」(東京スポーツ電子版・9月9日)

デイリー新潮取材班

2021年9月14日 掲載

関連記事(外部サイト)