自民党総裁選10番勝負 最も激しい戦いだったのは田中VS福田VS大平VS三木

自民党総裁選10番勝負 最も激しい戦いだったのは田中VS福田VS大平VS三木

田中角栄、福田赳夫、大平正芳、三木武夫

 退陣を表明した菅義偉首相の自民党総裁としての後任を決める総裁選挙が、29日に行われる。

 自民党総裁選挙は、事実上、首相を選ぶ選挙であるので、これまでも数々のドラマが生まれてきた。そのうち、激しい争いだった10回の総裁選挙を「自民党戦国史10番勝負」として取り上げる。今回の総裁選挙を考える上でも参考になる、あるいは伏線として意味のあるエピソードが多い。

 現在の制度では、国会議員の票と一般党員の票は同じ数だが、一般党員による投票が行われるようになったのは、福田・大平の争いだった1978年の時が最初である。また、立候補の条件や投票の配分、手順はめまぐるしく変わってきた。

 ただ基本としては、総裁任期満了の場合、一般党員投票も行われるが、任期途中での死亡や辞職の場合は国会議員と地方県連代表による投票のみで、任期は残存期間だけである。総裁の任期については、たびたび変更されているし、途中で任期を延長したこともある。


■【1番勝負】 岸信介×石橋湛山×石井光次郎(1956年12月)


 保守合同によって、緒方竹虎を党首とする自由党(吉田茂時代の与党)と、鳩山一郎首相の民主党が統合して自由民主党となったのは、1955年11月のことだった。

 総裁をどうするか、新しい総裁がすぐに首相になるのかが問題だったが、さしあたり党は集団指導体制とし、首相は鳩山が続投し、折を見て総裁選を行い、緒方が選ばれたら首相となるのが暗黙の了解となった。

 ところが、緒方が1956年1月に急逝したので、1956年4月の総裁選挙では無風で鳩山が初代の自民党総裁に選ばれた。そして日ソ交渉が妥結したのを受けて、鳩山総裁は辞任し、1956年12月に事実上初の総裁選挙が行われた。

 選挙戦では岸信介幹事長は豊富な資金力で買収を行い、ジャーナリスト出身の石橋湛山通産相は閣僚ポストなどを乱発して対抗、第一回の投票では岸信介が223票、石橋湛山が151票、緒方の派閥を継承した石井光次郎が137票となった。だが劣勢が予想された石橋、石井は二・三位連合を組んでおり、第二回の投票では石橋が258票、岸信介が251票で石橋の逆転勝利となった。

 政策と関係なく数合わせだけでこのような裏取引をすることがいいこととは思えないが、この手法はその後の総裁選挙でしばしば試みられることになる。

 一方、岸は選挙後にポストを自派にも配分することを条件に党内融和に協力するとし、自らは副総理格の外相となった。そして石橋がわずか2ヶ月で病気退陣したときには、総理臨時代理だった岸がそのまま自民党総裁、首相となって、選挙が終わったらノーサイド、短期で交代の場合は善戦して二位だった候補者が後継になるという習慣になっていく。


■【2番勝負】 池田勇人×石井光次郎×藤山愛一郎×松村謙三×大野伴睦(1960年7月)


 岸は総裁として三選されたが、いずれも無風選挙、ないしそれに近かった。安保騒動で岸が退陣したあとの1960年7月の総裁選挙では、多数の立候補が予想された。岸はその前年の党内抗争時に、次は大野伴睦副総裁、その次は河野一郎(河野太郎の祖父)という密約を交わしていたが、自分の派閥・岸派を解散するという奇手で約束を反故にし、実質上は通産相だった池田勇人の当選のために動いた。

 大野は立候補断念に追い込まれ、第一回の投票では、池田が246票、党人派代表と言われた石井光次郎が196票、外相だった藤山愛一郎が49票で、決選投票では池田が圧勝した。党人派の権力掌握に不安を持った岸が、同じ官僚出身の池田を後継に据えたのである。


■【3番勝負】 池田勇人×佐藤栄作×藤山愛一郎×瀬尾弘吉(1964年7月)


 首相となった池田は『所得倍増計画』を成功させ、二選目は無風だったが、三選目の1964年7月の総裁選挙では、岸信介の実弟でありながら、池田と同じ吉田茂の弟子でもあり、「高度成長」に対する「安定成長」を掲げた佐藤栄作の挑戦を受けた。予想では池田の圧勝だったが、池田242票に対して佐藤が160票と意外な健闘をして次期総裁候補としてのパスポートを手に入れた。

 この年は東京五輪の年だったが、池田は「前がん状態」であることを公表、開会式には出席したが閉会式は欠席し、12月に行われた総裁選挙では、石橋から岸にバトンタッチされた経緯に倣うということで、池田は佐藤を後継総裁に指名した。このとき、総裁選挙で池田を支持して内閣でナンバーツーとなっていた河野一郎五輪相は、後継者としての基盤を確立できておらず、涙を呑んだ。


■【4番勝負】 田中角栄×福田赳夫×大平正芳×三木武夫(1972年7月)


 佐藤は人事の妙を武器に、藤山愛一郎や三木武夫の挑戦を退けつつ総裁四選を達成した。ただその四選時にも、岸信介らは福田赳夫への禅譲を要請した。田中角栄らは佐藤に四選を勧めてこれを実現する一方、来たるべき角福決戦の準備を進め、沖縄返還を花道に佐藤が退陣した1972年7月の総裁選挙で、福田外相、田中通産相に大平正芳と三木武夫も立候補し、自民党総裁選史上でももっとも激しい選挙戦となった。

 このころ、キッシンジャーによる頭越し外交に狼狽した世論は早期の日中国交樹立を要求し、佐藤と同様に慎重な姿勢をとり続けた福田は立場を悪くした。

 また、田中の『日本列島改造論』は大都市との格差に悩む地方の人々から熱烈歓迎された。政治資金についても、大企業から公共事業関係業界にシフトが進んでいた。このため、第一回投票で予想に反して福田は150票で156票の田中の後塵を拝した。予想通りに福田が首位でも、101票の大平と69票の三木は決選投票での田中支持を表明しており、接戦が予想されたが、第一回で田中が一位になったことで地滑り現象が起き、第二回投票では田中が282対190で圧勝した。


■【5番勝負】 大平正芳×福田赳夫×中曽根康弘×河本敏夫(1978年11月)


 その後、田中から三木武夫への政権移行では、椎名悦三郎副総裁による裁定があり、三木から福田には派閥間の話し合いで禅譲されたため、総裁選は無投票だった。しかしこの時に、福田は大平正芳に、幹事長のポストを渡し二年後には政権を譲る約束をしたらしい。

 だが、外交面での成功などで自信を付けた福田は、国会議員票では劣勢でも、初めて行われることになっていた一般党員の予備選で優位に立ち、その勢いで議員の支持も得られるとみて約束の存在を否定し1978年11月の総裁選挙に突入した。

 一般党員投票は初めてのことで党員名簿は非公開だったが、大平陣営は田中派の全面支援を受け、過去の都道府県別の党員名簿を手に入れて丁寧な集票活動を行い、福田、中曽根康弘、河本敏夫に圧勝した。

 福田は予備選での勝利を疑っていなかったので、「(予備選で大差がついたら)天の声に従うべき」で、その場合には、党大会での投票は行わないことを呼びかけていたので、「総理大臣が自分で言ったことを覆すわけにはいかない」と立候補を取り下げ、記者たちに対しては「天の声もたまには変な声がある」という迷言を残して舞台から去った。

 大平正芳首相が急逝したあとは、西村英一副総裁の裁定で鈴木善幸が総裁に就任した。その二年後に、再選出馬が確実視されていたが、突然、退陣を表明した。鈴木首相は、外遊のときには必ず中曽根康弘行革相を臨時代理にして後継者候補ナンバーワンだと印象づけており、闇将軍といわれた田中角栄も同意した。だが、田中主導の党運営に対する抵抗は強く、河本敏夫、安倍晋太郎、中川一郎も立候補して二度目の予備選が行われた。結果は、中曽根の圧勝で、他の候補は本選への立候補を辞退し、1982年11月に中曽根が総裁に選出された。


■【6番勝負】 宮沢喜一×渡辺美智雄×三塚博(1991年10月)


 中曽根康弘首相は、自民党総裁としての三期目の任期を一年間延長してつとめたのち退陣することになったが、後継指名をまかされ、竹下登蔵相を指名した。そののち、宇野宗佑、海部俊樹両首相も党内の話し合いで決まった。

 海部俊樹首相が解散して政局を打開することができずに退陣したあと、宮沢喜一、渡辺美智雄、三塚博の三人が手を上げた。小沢一郎が面接して宮沢喜一を支持することにした1991年10月の総裁選では、宮沢285票、渡辺120票、三塚87票で決選投票に持ち込まずに決着がついた。

 こうして誕生した宮沢内閣は、党内抗争から不信任案を可決され衆議院を解散したものの、敗れて細川護熙が首相となった。宮沢は総裁も退陣し、河野洋平が総裁となったが、総裁選には立候補せず、橋本龍太郎が当選した。


■【7番勝負】 小渕恵三×梶山静六×小泉純一郎(1998年7月)


 橋本内閣退陣後の、1998年7月の総裁選挙には、小渕恵三、梶山静六、小泉純一郎が立候補した。もともと、竹下派は小渕でまとまっていたのだが、梶山が派閥を飛び出して立候補した。小渕225票に対して梶山も102票と善戦し、小泉も84票を獲得した。

 このとき、田中真紀子が三候補を「凡人(小渕)・軍人(梶山)・変人(小泉)」と評し、それが言い得て妙だと大評判になって、選挙戦をおおいに盛り上げた。


■【8番勝負】 小泉純一郎×橋本龍太郎×麻生太郎×亀井静香(2001年4月)


 小渕が首相在任中に急死した後は、森喜朗が幹部の話し合いで選ばれたが、密室政治という批判を浴びたので、森が退陣した後の2001年4月の総裁選挙は、1982年以来、久しぶりに予備選挙が行われた。また、予備選挙で決まる地方組織の票が従来の三倍の重みを持つことになった。

 立候補したのは、議員票では一位となることが予想された橋本龍太郎元首相のほか、小泉純一郎、麻生太郎、亀井静香だったが、応援団に加わった田中真紀子とともに街頭演説で全国を行脚した小泉純一郎が大ブームを引き起こした。ほとんどの県で勝利したので、議員票も地滑り的に小泉に流れ、298票を獲得して155票の橋本を圧倒して新総裁に選ばれた。

 小泉の後継は、麻生太郎、谷垣禎一、福田康夫、安倍晋三が候補とされ「麻垣康三」といわれていたが、福田は立候補せず、北朝鮮による拉致問題へのとり組みで人気が出ていた安倍が人気を集め圧倒的な支持を得た。その後、福田康夫、麻生太郎が総裁となったときには、いずれも、任期途中ということで予備選は行われなかった。

 この間、民主党政権が誕生し、2009年9月の総裁選挙は、野党党首の選挙ということで低調なまま推移し、谷垣禎一が河野太郎、西村康稔を破って総裁となったが、結局首相にはなれないまま任期満了を迎えた。


■【9番勝負】 石破茂×安倍晋三×石原伸晃×町村信孝×林芳正(2012年9月)


 2012年9月の総裁選挙は、民主党政権の任期が低迷する中、政権奪還をめざす総選挙の顔は誰かが相応しいかという熱の籠もったものとなった。当初は派閥領袖の支持多かった石原伸晃が有力とみられたが、地方組織行脚を繰り返し地方組織での人気が高かった石破茂が、対抗馬として名乗りを上げた。

 安倍晋三元首相の周囲では、再出馬は時期尚早との声が強かったが、退陣の理由となった病気が治癒し、気力も充実した安倍はあえて出馬に踏み切り、そのころ普及が拡がっていたSNSを駆使して支持者を拡げた。

 このほか、町村信孝、林芳正も立候補したが、一般党員投票では、石破が199票で首位に立ち、安倍141票、石原96票、町村34票、林27票となった。議員票のみで行われた石破と安倍の決選投票では、世代交代を嫌った長老にとって拒否感が相対的に少ない安倍が108票で89票の石破を破った。

 首相となった安倍は、外交での華々しい成果とアベノミクスが一定の成功を収めたことから六度の国政選挙に圧勝、再選は無競争となり、三選目は一般党員投票でも初当選時に負けた石破茂を寄せ付けなかった。


■【10番勝負】 菅義偉×岸田文雄×石破茂(2020年9月)


 安倍首相が再び病気退任したのちの2020年9月の総裁選では、一般党員投票するかどうかはそれぞれの都道府県の組織にまかされたが、菅義偉官房長官が一般党員投票でも石破茂、岸田文雄政調会長を圧倒し、本選挙では377票を獲得、89票の岸田、68票の石破に圧勝した。

 コロナ対策の継続を確保するための安全策であったが、総裁選挙での人気が維持できているうちの衆議院解散を自らの路線が成果を出してから問いたいというきれい事に酔って機を逃し、総選挙に打って出るタイミングを見つけられないまま退陣に追い込まれた。

 新しい総裁選びの過程で、国民の前で濃密な議論が行われることは、政策のイノベーションをこれまでの総裁選挙でももたらしてきたし、自民党の人気を回復させることにも貢献してきた。

 とくに、二人だけの候補だと、どちらがまだしもベターかという消極的な選択になりがちだが、今回のように四人くらい違うタイプの候補がそろうと誰かお気に入りの政治家がいるから盛り上がるものだ。

 また過去の例からすれば、敗者にも責任ある役職を与えることが、過去の派閥闘争の傷跡を治癒することにもなってきた。

 一方、菅政権の不人気を当てにするとか、ワクチンの接種遅れのように、野党がより進んだとり組みを主張しないどころか、慎重さを求めてブレーキをかけてきたことの結果まで政権のせいにして総選挙に望もうとしていた野党にとっては打撃だろう。

 野党には、反自民、反政権に頼らずより優れた政権構想を打ち出すことで政権回復を狙って欲しいし、野党の党首選挙も、もっとエキサイティングにする工夫も望みたいところだ。

八幡和郎(やわた・かずお)
評論家。1951年滋賀県生まれ。東大法学部卒。通産省に入り、大臣官房情報管理課長、国土庁長官官房参事官などを歴任。徳島文理大学教授。著書に『誤解だらけの皇位継承の真実』『令和日本史記』『歴史の定説100の嘘と誤解:現場からの視点で』など。

デイリー新潮取材班編集

2021年9月27日 掲載

関連記事(外部サイト)