岸田新総裁の「聞く力」の真価が問われる 自分で決められず何でも相談していた国対委員長時代のエピソード

■禅譲と遠慮の政治


 9月29日に投開票が実施された自民党総裁選で、岸田文雄前政調会長(64)が新たに第27代総裁に選ばれた。岸田氏は10月4日召集の臨時国会で首班指名を経て、第100代首相として新内閣を発足させる見通しだ。岸田氏自身、売り文句の一つに「聞く力」を挙げ、それが今回の総裁選勝利の一因ともされたが、「話を聞きすぎ」、「誰の話でも聞いてしまう」きらいがあることがネックだと指摘されている。

 かねて岸田氏は名門・宏池会のボスとはいえ党内第5派閥に甘んじる立場として、あくまでも安倍政権を支え、禅譲を狙う作戦を採ってきた。

 2017年に長く務めた外相を離れる際に「党務への思い」を安倍首相に伝え、幹事長就任を望んだが、首相は二階幹事長を切ることができなかった。それは19年秋にも繰り返されたし、その年の夏には県議だった河井杏里氏の擁立が二階幹事長のゴリ押しで決まり、宏池会所属候補が落選の憂き目にあった。ケンカができず禅譲は待てど暮らせどやってこず、20年の安倍氏の電撃辞任の際にもお鉢は回って来なかった。

■「岸田は話しがつまらない」「岸田は終わった」


 岸田氏は20年の総裁選での敗北を振り返って、ホームページにこう綴っている。少し長くなるが紹介しておきたい。

《昨年の総裁選で、私は敗北いたしました。力不足でした。何よりも、私自身、総理になることへの「確信」がありませんでした。しかし、今回は違います。「今の時代が求めるリーダーは私である」そうした「確信」があります。総裁選に破れ、多くの方が、自分から去って行ったように感じました。「岸田は話しがつまらない」「岸田は終わった」そんな声が聞こえてきました》

《ある時、地元の商店街を歩いていると、年配の女性に声をかけられ、お話を伺いました。春風薫る、穏やかな日でした。暫くお話を伺い、話を切り上げようとしたその時、こう言われました。「政治家の先生に、こんなに、ゆっくり話を聞いてもらえたんは、初めてじゃけん。皆な自分のことは言うけど、話は聞いてくれんけん。やっぱ岸田さんじゃわ。」ハッとしました。政治家として、厳しい批判にさらされる私にも、「聞く力」という特技がある》

 岸田氏にとって「聞く力」が売りになり、それを集めた「岸田ノート」を出馬会見で掲げて見せたのだった。

■安倍前首相に救われた


 政治部デスクは、

「今回の岸田さんがこれまでと違ったのは、戦う姿勢を見せたことです。その最たる例が自民党役員の在職期限に触れたこと。二階幹事長にケンカを売ったわけです。それどころか、菅首相までが総裁選不出馬に追い込まれるほど、パンチがあって国民受けするやり方でした」

 と振り返り、こう続ける。

「そういったこれまでとは別人のようなスタンスや具体的な政策提案が並ぶ中で、力のある軍師がついたのではないかと指摘する声があがりました。実際、安倍さんの懐刀で秘書官や補佐官などを務めた今井尚哉内閣官房参与が、岸田さんの知恵袋となっていることがわかりました」

 加えて、

「岸田さん自身が言うように、去年の総裁選で惨敗した際に『終わった』と言う声は少なくありませんでした。今回も菅首相が出馬せず、河野太郎行政改革担当相が出馬することになった時点で勝ち目はないのではと目されていましたが、そこは安倍さんに救われましたね」

 河野氏は小泉進次郎環境相とタッグを組み、党内の重鎮や長老を「抵抗勢力」と見立て、自民党の再生を演出しようとした。それが安倍氏の癪に障ったのだ。具体的に、安倍氏は高市早苗前総務相を担ぎ出す。


■キングメーカーの言うことを


 デスクが続ける。

「確かに河野・小泉、そしてその後に陣営に取り込んだ石破茂元幹事長らの国民的人気は高いようですが、永田町では友達がいない。党員票がばらけて決選投票にもつれ込めば逆転を狙えるという見立てが安倍さんにあったのでしょう。そこは2012年以降、選挙に連戦連勝した政局感のなせるわざとしか言いようがないですね」

 今回の総裁選で驚きをもって迎えられたのが、1回目に岸田氏がトップになったことと高市氏の善戦だ。

「結局、それを実現させたのは安倍さんと麻生太郎財務相であって、岸田さんはしばらくの間、彼らの声に耳を傾けざるを得ないでしょう。聞く力と岸田さんが訴えた対象は安倍・麻生ではなかったはずなのですが、弱小派閥のボスとしては、キングメーカーの言うことを聞かないわけにはいかないでしょう」(同)

 安倍・麻生傀儡(かいらい)政権と呼ばれることは避けられないだろう。


■国対委員長時代には


 別のデスクが、自民党が下野していた2009年当時のことを振り返る。

「その頃、岸田さんは国対委員長を務めていました。民主党が瓦解し始め、『近いうちに』解散総選挙が行われるとされていた時期です。国対委員長は国会の最前線で押したり引いたりをする役割を担っているわけですが、岸田さんは一人で何も決めきれず、常に『党に持ち帰って検討する』と言っていました。実際、石原伸晃幹事長に全て相談し、指示を仰いでいましたね」

 意地悪な言い方になるが、当時から「聞く力」に関しては高かったのかもしれない。

「今回の総裁当選後も、党役員人事について1日はかかると言っていましたね。それはその通りなのでしょうが、各方面の声を聞いたり、相談したりする時間が欲しいと言っているように聞こえました。それがあまりに露骨だと、すぐ先の解散総選挙は乗り越えられても、来夏の参院選ではしっぺ返しをくらいかねません」(同)

 安倍氏が目をかける高市氏らの登用はともかく、岸田選対の顧問を務めた甘利明党税調会長の幹事長起用を世間はどう見るだろうか。

デイリー新潮取材班

2021年10月1日 掲載

関連記事(外部サイト)