「北村滋・前国家安全保障局長」が官僚トップの内閣官房副長官に浮上した理由

■中村格警察庁長官の6つ上


 北村滋・前国家安全保障局長(64)が内閣官房副長官に就任もと報じられた。内閣官房副長官とは官房長官を補佐する特別公務員職で、実質的に官僚のトップである。それが事実なら、7月に退官したばかりの元警察官僚が「岸田新首相」の懐刀となるわけだが、その通りに行かない雰囲気もあり……。人事の背景には何があるのか?

 ***

 社会部デスクによると、岸田氏と北村氏の付き合いは長い。

「岸田さんと北村さんとは開成高校の同窓で、岸田さんが総裁・首相になれば北村さんも然るべきポジションに就くだろうと噂されてきました」

 北村氏は東大法学部を経て、1980年に警察庁に入庁。早くから警察庁長官候補と目されてきた。ちなみに現・長官の中村格氏は1986年入庁である。

「警察内では警備・公安畑のエースでした。警察庁の外事情報部外事課長などを経て、2006年に第一次安倍内閣で秘書官となりました。その後、兵庫県警本部長、警備局外事情報部長、総括審議官を歴任。そこから内閣情報調査室トップの内閣情報官に就任します」(同)

 政権が民主党から自民党に変わっても内閣情報官として仕える日々は続いた。

「再登板した安倍首相から重用され、いわゆる首相動静にもほぼ毎日名前が乗るような蜜月ぶりでした。北村さんは収集した内外の懸案について報告・説明する立場なのですが、そのやり方がとても上手で安倍さんが気に入っていたと言われています。北村さん本人はいわゆるワーカホリックでショートスリーパー。今井尚哉首相秘書官と並び、歴代最長の政権を支えた立役者と言って間違いないでしょう」(同)

■安倍前首相の推薦で国家安全保障局長に


 安倍氏は自身の秘書官については元の省庁に戻った後も処遇するよう、陰に陽に働きかけるのが常だという。

「例えば財務省の田中一穂さんは入省同期で3人目の財務次官となりましたが、正直、安倍さんが後押ししたり下駄を履かせてあげたりしていなければそのポストにたどり着けなかったと言われています。また先日、警視総監に就任した大石吉彦さんも約6年にわたって安倍さんの秘書官を務めています。大石さんの場合は田中さんと違ってトップを担ってもおかしくないと言われていましたが、とはいえ同期にライバルが多い中、安倍さんに下駄を履かせてもらった部分は否定できないでしょう」(政治部デスク)

 北村氏の場合は内閣情報官から警察庁に戻るタイミングがないわけではなかったが、適齢期を過ぎ、同期や後輩が警察庁長官・警視総監を務めるに至り、戻る場所がなくなってしまった。

「それでも安倍さんは外務省の根城だった国家安全保障局のトップのポジションを北村氏に与えています。もちろん北村氏も能吏(優秀な官僚)だと評価されており、その人事を情実だけで片付けることはできないでしょうが、それでも霞ヶ関内では、安倍さんのお友達人事の結果と揶揄する声は大きかったですね」(同)


■総務官僚OBが後継候補だった


 北村氏は今年7月に国家安全保障局長を退任し、東京・虎ノ門に事務所を開き、9月に『情報と国家−憲政史上最長の政権を支えたインテリジェンスの原点』を上梓したばかりだった。

「警察当局による再就職の斡旋の世話を受けなくても、インテリジェンスの分野で培った人脈を通じていくらでも仕事が舞い込んでくる状況のようです。ただ、その一方でかねて、霞ヶ関の官僚のトップである内閣官房副長官の仕事には興味を示していたと言われています」(先の社会部デスク)

 現在、副長官を務める杉田和博氏は北村氏にとって警察庁の大先輩。同じ警備・公安出身者として、安倍長期政権を支えてきた。

「杉田さんは危機管理能力が抜群で余人をもってかえがたく、菅さんが首相になっても手放すことができませんでした。80歳と高齢で常に交代説が取り沙汰され、今年に入ってコロナではない感染症で入院したこともあります。そろそろ交代かと言われる中で総務官僚OBが杉田さんの後継となるといった話も流れていたのですが、菅さんの退陣でご破算になっていたのです」(同)

■乾杯の音頭を取ったのは


 4年前、開成OBで作る「永霞会」が発足し、会長には岸田氏が収まった。その設立総会で乾杯の音頭を取ったのは、他ならぬ北村氏で、“岸田総理誕生が開成OBの悲願です”と話していたという。

「開成OBとして初の総裁・首相ですからボルテージが上がるのは無理もないですね。同じ開成出身で安倍さんの懐刀だった北村さんが副長官にもと取り沙汰されるのは織り込み済みなのでしょうが、全官僚のトップという立場は重しがあった方がスムーズ。その点、北村さんはまだ64歳で、霞ヶ関に年長者はいないものの年齢が近いキャリアはゴロゴロいる。これまで、安倍さんのお友達だから重要なポストで処遇されているんだろうなどと陰口を叩かれてかなり嫌われてきたのは否定できません」

 副長官就任説が流れ、霞ヶ関からはアンチ北村の声がかなり上がり、副長官人事はなかったことにされそうな気配も出てきている。

デイリー新潮取材班

2021年10月2日 掲載

関連記事(外部サイト)