「真似されるのも政治家の才能」清水ミチコがものまねしたくなった総裁選候補とは

「真似されるのも政治家の才能」清水ミチコがものまねしたくなった総裁選候補とは

清水ミチコさん

 兎(と)にも角(かく)にも、約1カ月にわたって世間の耳目を集め続けた自民党総裁の椅子をめぐる永田町群像劇。それはこの人にとって、またとない「おいしいネタ」だったようだ。ものまね界の大御所、清水ミチコさん(61)。彼女独特の視点で捉えた「ものまね総裁選」。

 ***

 河野さんの出馬を知った瞬間、「これはおいしい状況だな」と感じました。

 河野さんの話し方って、少し空気を含んだような声で、「サ行」の発音が強く、そして何よりも日本語なのに「英会話感」が漂ってくる。とにかく「強い男性政治家」という印象が強烈で、真似しやすいんです。

 河野さんが脚光を浴びたことは、私に限らずものまね芸人にとって「おいしい」としか思えなかったんじゃないですかね。おいしいとは、この人を真似したら面白いだろうなということであり、つまり、多くの人々が共感してくれる状況が生まれたということです。

 それと比較すると岸田さんは、うーん……。私には真似するのは難しいんじゃないかな。声に「俺が」というものがない気がするんです。「俺が」「私が」という強い自己主張を、ちょっと“冷やかす”。それがものまねの面白いところだと思うんです。でも、岸田さんにはそれが感じられない。真似してみたところで張り合いがないというか、品が良すぎるのかも。岸田さん、本当にものまね芸人殺し! そんなこと言われても、岸田さんも困るでしょうけど。

 他に、総裁選に出馬した4人の中では高市さんのものまねもさせてもらっています。彼女にも、「私に任せてください」という強さを感じます。「サナエノミクス」とか、言葉選びのセンスにも特徴がありますよね。少し舌足らずで声がこもっていますが、その喋り方に「私が」という自信を感じるんです。多分、学級委員肌なんじゃないかな。女性のリーダーって、真面目だし正義感が強いところがある。そういう部分があると真似しやすいんです。


■「シミズノミクス」


 野田さんは未着手ですが、そのうち真似しようと思っています。彼女の声は色気を感じさせずに、知的ですよね。

 野田さんより高市さんを先に真似したのは、やっぱり高市さんのほうが個性が目立っているように感じられたからです。ものまねって、ひとりがヒットさせると、他の人も同じ対象のものまねをどんどんし始めるので、「最初に真似した」ということが大切。高市さんのものまねをしたのは、私が初めてなんじゃないかな。はい、これ自慢です。

 あと、高市さんも河野さんも、まだ完成する前のものまねを、いち早くYouTube(シミチコチャンネル)で公開しました。この「未完成ものまね」をひと様にさらしてみせるという、プロにあるまじきシステムを開発したのも、今回の私が初めてでしょう。はい、これも自慢です。

 有権者の皆様の清き一票が、私のものまねを完成に近づけてくれます。「いいね!」ボタンをポチッとワンクリックして、「サナエノミクス」、いや「シミズノミクス」へのご支持をよろしくお願い申し上げます。

 いい加減に誰か私を止めて〜。


■ものまねされたほうが勝ち


 最近は、ライブでものまねをすると、後でお客さんから「あんなことをして清水さんが叱られないか心配です」とかアンケートに書かれてしまう時代です。どうしても、ものまねって意地悪なところがあるものですからね。特に女性が女性のものまねをすると意地悪く見える。その意地の悪さがものまねの面白いところなんですけど、だんだん難しくなってきていて……。

 そんな時代の流れの中で、権力者や政治家は、ものまねタレントにとって最後の砦、最後の楽園なのかもしれません。私が年下の芸能人を真似すると、ちょっと弱い者いじめをしているみたいな感じになってしまうところがある。でも、政治家だったら年下だとしても、立場は向こうのほうが強いから、かわいそうだとはならないように思うんです。

 もともと政治家とか権力者って、パロディー化しやすい。一度ああいう身分になってみたいという気持ちと、同時に、だから冷やかしてみたいという気持ちが世間の人の中にあるからじゃないですかね。私自身も、権力者や強い人に憧れます。例えば小池さん(百合子・東京都知事)も真似させてもらっていますが、英語混じりで、言葉を区切る喋り方は個性的です。強くて芯のある女性は、やはりものまねしたくなるんですよね。

 今の時代、ものまねして冷やかしても「大丈夫」な対象ってなかなかいません。ものまねされるのも、政治家の才能のひとつなんだと思います。ものまねする側の私なんかより、人間、ものまねされたほうが勝ちだと思うんです。たくさんの人にものまねされる人は、みんなの憧れ、庶民の星だと思ってください。

 というわけで、私にものまねされている政治家のみなさん、怒ったりしちゃダメですからね。ビクビク。

「週刊新潮」2021年10月7日号 掲載

関連記事(外部サイト)