町長のレイプを告発した草津女性町議 暴露された「枕営業メモ」の中身とは

群馬県草津町長に性的暴行を受けたと女性元町議が告発 元町議の『枕営業』疑惑が浮上

記事まとめ

  • 群馬県草津町の黒岩信忠町長に性的暴行を受けたと新井祥子元町議が告発した
  • 町長は全否定して元町議を提訴し、元町議はリコールを受けて町議の職を失った
  • 民事裁判では元町議が『枕営業』をしていたとの証拠が提出され、議場を騒然とさせた

町長のレイプを告発した草津女性町議 暴露された「枕営業メモ」の中身とは

町長のレイプを告発した草津女性町議 暴露された「枕営業メモ」の中身とは

会見で告発した元町議

〈草津よいとこ一度はおいで♪〉と謡われる日本屈指の温泉地・群馬県草津町。コロナ禍で観光客の足が遠のく中、より深刻なイメージダウンをもたらしているのが「町長レイプ騒動」だ。女性団体からも目の敵にされ町の評価は下がるばかりだが、犯人扱いされた側も黙ってはいない。町議会では被害を訴える元女性町議にかかわる衝撃の「枕営業メモ」が提出されたのだ。

 ***

 一昨年、草津町の黒岩信忠町長(74)に性的暴行を受けたと告発、注目を浴びたのが新井祥子・元町議(52)だ。名指しされた町長は“全くの嘘”だと全否定。彼女を名誉毀損で刑事告発し、民事訴訟にも打って出た。

 互いの言い分が対立する中、昨年には彼女がリコールを受けて町議の職を失う。折しも世界的な「#MeToo」運動と相俟って、欧米メディアが日本の呆れた実態だと報じ、女性の権利尊重を訴える団体などが新井・元町議を支援。彼女は日本外国特派員協会で会見を開き、世界に向け「性被害は事実」と訴えたのだ。

 一方、先の民事裁判では彼女が保険外交員として、いわゆる“枕営業”をしていたとの証拠文書が提出され、その中身を町長自らが9月6日の草津町議会で暴露する事態が起きていた。

 提出された文書は〈告白書〉と題された彼女自身の手によるメモで、〈2017年10月〜2018年10月 Bさんの自宅で2回関係を持ちました。保険契約とおこずかいを頂きました〉〈2018年3月〜2019年 Tさん 彼の部屋で2回関係を持ちました。保険契約とおこずかいを頂きました〉などと書かれ、契約と金欲しさでコトに及んだ“枕営業”の実態が赤裸々に明かされているのだ。

 この文書が議会で公になると、議場は騒然となった。傍聴席には、議会で町長側に謝罪を求めて請願書を提出していた新井・元町議や、支援する女性団体のメンバーが傍聴していたのである。


■「肉体関係を持った」


 こうした文書が、どうして公の場で暴露されることになってしまったのか。

 事情に詳しい地元民に聞くと、

「そもそも、新井・元町議が町長を告発したのは、ある温泉ライターによる電子書籍『草津温泉 漆黒の闇』が出版されたのがきっかけです。本の中で、インタビューに答えた彼女は町長との関係を暴露したのですが、他にも町の有力者たちと肉体関係を持ったと明かしました」

 この取材の中で、彼女は先の〈告白書〉を件の温泉ライターに手渡したという。

「町長はこのライターも名誉毀損で訴えていましてね。その裁判で、ライターはしっかりとした取材に基づいて本にしたことを主張するため、〈告白書〉を証拠として裁判所に提出。それを目にした町長は、むしろ女性の権利を声高に叫ぶ新井・元町議の実態を世に知らしめられると考えて、議会で暴露したのでは」(同)

 そこで、当の新井・元町議を直撃したところ、以下のコメントが届いた。

「見解については裁判で主張していく予定ですので、ここで述べることはいたしません」

 彼女同様、町長から訴えられている温泉ライターにも話を聞いてみると、

「訴訟にかかわる話は基本的にノーコメントですが、あの文書は新井さんから送られてきたもので、本の中身が間違っていないことを証明するため裁判所に提出しました」

 最後に黒岩・草津町長はどう答えるか。

「今や彼女のおかげで草津の街全体が損害を受けています。昨年12月、彼女は町内で『No女性差別 No!!買春』と書かれた横断幕を持ってデモを行いましたが、自分自身が過去に枕営業をしていたにもかかわらず、そのような運動を行うこと自体、首を傾げたくなります。私に対する嘘の告発にしても、公職に就いていた人間がやることではないですし、本当に性被害を受けた女性たちが声をあげづらくなったら、いったいどうするのかと思います」

 この騒動は沸き立つ温泉の如く、未だ冷めやらぬ気配が漂うのである。

「週刊新潮」2021年10月7日号 掲載

関連記事(外部サイト)